macOS High Sierra

カレンダーのテキストのフォーマットを設定する

異なるフォントオプションを選択することで、カレンダーページ上のテキストの外観を変更することができます。日付にテキストを追加することもできます。

「写真」を開く

カレンダーページ上のテキストのフォーマットを設定する

  1. サイドバーの「プロジェクト」の下にあるカレンダーをクリックします。

  2. フォーマットを設定したいテキストが含まれるページをダブルクリックします。

  3. テキストを選択してから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「編集」>「フォント」>「フォントパネルを表示」と選択して、目的のフォントオプションを選択します。

    • ツールバーの「オプション」ボタン をクリックしてから、「テキストオプション」ウインドウのコントロールを使ってテキストのフォーマットを設定します。

      下のテキストが選択されており、右側に「テキストオプション」ウインドウが表示されている写真。

日付にテキストを追加する

  1. サイドバーの「プロジェクト」の下にあるカレンダーをクリックします。

  2. ページをダブルクリックして、テキストを追加したい日付をクリックします。

  3. テキストフィールドにテキストを入力します。

    テキストが追加され、右側に「テキストオプション」ウインドウが表示されているカレンダーの日付。

    テキストのフォーマットを設定するには、テキストをダブルクリックして選択してから、「テキストオプション」ウインドウのコントロールを使用します。

日付の写真にキャプションを追加する

  1. サイドバーの「プロジェクト」の下にあるカレンダーをクリックします。

  2. ページをダブルクリックして、テキストを追加したい写真が含まれている日付をダブルクリックします。

    ヒント:ツールバーの拡大/縮小スライダを使って、簡単に変更を加えられるようにカレンダーページのサイズを大きくすることができます。

  3. 「写真オプション」ウインドウで「キャプション」ポップアップメニューをクリックし、キャプションの位置を選択します。

  4. テキストフィールドにキャプションテキストを入力します。

カレンダーページに警告(赤い三角形)が表示された場合

カレンダーで作業しているときに感嘆符の付いた赤い三角形が表示された場合は、フォントが大きすぎるかテキストで使われている文字が多すぎるために、使用できるスペースに収まらないテキストがあります。

三角形の警告アイコン

警告を解決するには、以下のいずれかの操作を行います:

  • テキストのフォント、字体、またはサイズを変更して、テキストが使用する領域を減らします。

  • テキストを編集して、使用する語数を減らします。