macOS High Sierra

追加の写真ライブラリを作成する

写真、アルバム、プロジェクト(ブック、カード、カレンダーなど)を整理するために追加のフォトライブラリを作成し、ライブラリを切り替えることができます。たとえば、個人的な写真と仕事用の写真にそれぞれ別のライブラリを使うことができます。また、自分で写真を撮る子供がいる場合に、子供が撮った写真を別のライブラリに保管することができます。

重要:iCloud フォトライブラリを使用する場合は、システムフォトライブラリ内の写真とビデオだけが iCloud と同期されることを念頭に置いてください。必ずすべてのフォトライブラリのバックアップを作成してください。詳しくは、写真ライブラリのバックアップを作成するを参照してください。

「写真」を開く

新しいフォトライブラリを作成する

  1. 「写真」が開いている場合は、「写真」>「写真を終了」と選択します。

  2. Option キーを押しながら「アプリケーション」フォルダ内の「写真」アイコンをダブルクリックして(または Dock の「写真」アイコンをクリックして)、「写真」を開きます。

  3. 「ライブラリを選択」ウインドウで、「新規作成」をクリックします。

  4. ライブラリの名前を入力して保存場所を選びます。

  5. 「OK」をクリックします。

フォトライブラリ間で切り替える

  1. 「写真」が開いている場合は、「写真」>「写真を終了」と選択します。

  2. Option キーを押しながら「アプリケーション」フォルダ内の「写真」アイコンをダブルクリックして(または Dock の「写真」アイコンをクリックして)、「写真」を開きます。

  3. 「ライブラリを選択」ダイアログで、以下のいずれかの操作を行います:

    • 使用したいライブラリをクリックし、「ライブラリを選択」をクリックします。

    • 目的のライブラリが「ライブラリを選択」ダイアログに表示されない場合は、「その他のライブラリ」をクリックし、目的のライブラリの場所に移動して選択し、「ライブラリを選択」をクリックします。

ライブラリをシステムフォトライブラリとして指定する

別のライブラリに切り替えて、それをシステムフォトライブラリとして指定できます。別のシステムフォトライブラリを指定する際に留意すべき点については、システムフォトライブラリの概要を参照してください。

現在のライブラリをシステムフォトライブラリとして指定するには:

  • 「写真」>「環境設定」と選択し、「一般」をクリックして、「システムフォトライブラリとして使用」をクリックします。

重要:別のライブラリに切り替えると、すべての iCloud サービスが自動的にオフになります。新しく指定したシステムフォトライブラリで iCloud フォトライブラリ、iCloud 写真共有、マイフォトストリームを使用するには、「写真」環境設定の「iCloud」パネルでそれらを再度オンにする必要があります。新しいシステムフォトライブラリを指定した後で iCloud フォトライブラリをオンにすると、iCloud に保存されている写真が新しいシステムフォトライブラリ内の写真と結合されます。新しいシステムフォトライブラリの内容が iCloud にアップロードされるとライブラリの結合を解除できなくなるため、システムフォトライブラリを変更する前に慎重に検討することをお勧めします。

写真ライブラリの空き容量を増やす

コンピュータ上のストレージが不足すると、警告が表示されます。空き容量を増やすため、写真ライブラリから写真を削除できます。

警告:iCloud フォトライブラリが入のときに写真を削除すると、写真は iCloud フォトライブラリを使用しているすべてのデバイスと iCloud から削除されます。

  1. 削除する写真を選択して、Command キーを押しながら Delete キーを押します。

    削除した項目は「最近削除した項目」アルバムに移動され、表示されている日数の間そこに保存されます。スペースを節約するため、「最近削除した項目」アルバムからすぐに写真を削除できます。

  2. サイドバーの「最近削除した項目」アルバムをクリックします。

  3. ライブラリからすぐに削除する写真を選択して、「<項目数>項目を削除」をクリックします。