macOS High Sierra

Live Photos を編集する

Live Photos に加えた編集は、Live Photos の静止画像とビデオの両方に適用されます(ただし、レタッチツール、赤目ツール、マークアップツールでは、静止画像のみ変更されます)。 ビデオの長さをトリミングしたり、オーディオのオン/オフを切り替えたり、Live Photos 用の静止画像(キー写真)を変更したり、写真にループやバウンスのエフェクトを使用したり、長時間露光をシミュレーションしたりできます。

「写真」を開く

  1. Live Photos をダブルクリックしてからツールバーで「編集」をクリックします。

  2. 編集ツールを使用して変更を行います。

  3. Live Photos の再生を変更するには、ツールバーの「調整」をクリックしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    編集ビューの Live Photos。下にスライダがあり、写真のフレームが表示されています。 スライダの左には「Live Photos」ボタンと「スピーカー」ボタンがあり、右には、ループ、バウンス、または長時間露光のエフェクトを追加するために使用できるポップアップメニューがあります。
    • ビデオの長さをトリミングする: スライダの端をドラッグして、ビデオの開始位置と終了位置を変更します。

    • オーディオのオン/オフを切り替える: 「スピーカー」ボタンをクリックします。

    • ビデオフレームをキー写真として選択する: スライダを目的のフレームまでドラッグしてから、「キー写真に設定」をクリックします。

    • Live Photos のループやバウンスのエフェクトを使用したり、長時間露光をシミュレーションしたりする: 「Live」ポップアップメニューをクリックして、使用するエフェクトを選択します。

    • Live Photos を静止画像に変換する: ウインドウの下部にある「Live Photos」ボタン をクリックします。

Live Photos の編集後、「オリジナルに戻す」ボタンをクリックすると変更前の写真に戻すことができます。