macOS High Sierra

カスタムの用紙サイズを作成する

封筒やはがきなど、標準以外のサイズの書類を作成したい場合は、「用紙サイズ」ポップアップメニューに用紙サイズが表示されるかどうかを確認します。表示されない場合、独自のカスタム用紙サイズを作成できます。カスタム用紙サイズは、プリンタまたはアプリケーションによって使用できないことがあります。

注記:プリンタまたはアプリケーションによっては次のオプションが表示されないことがあります。これらの手順が画面で見ているものと違う場合は、お使いのアプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。

  1. 「ファイル」>「プリント」と選択します。詳細情報を表示」ボタンが表示されたら、クリックして使用可能なオプションをすべて表示します。

  2. 「用紙サイズ」ポップアップメニューをクリックしてから、「カスタムサイズを管理」を選択します。

  3. 「追加」ボタン(をクリックして新しい用紙サイズを追加してから、用紙サイズを指定します。

    「追加」ボタンをクリックして新しい用紙サイズを追加します。カスタム用紙サイズの名前を変更するには、名前をダブルクリックして、新しい名前を入力します。ポップアップメニューからプリンタを選択して標準の余白を使用するか、下部のフィールドにカスタム値を入力します。

既存のサイズに基づいて新しい用紙サイズを作成するには、リストで用紙サイズを選択してから、「複製」をクリックします。

カスタム用紙サイズでプリントするには、「プリント」ダイアログ(「ファイル」>「プリント」を選択)の「用紙サイズ」ポップアップメニューから用紙サイズを選択します。書類のサイズをカスタム用紙サイズに設定するには、「ページ設定」ダイアログ(「ファイル」>「ページ設定」を選択)の「用紙サイズ」ポップアップメニューから用紙サイズを選択します。

ヒント:プリントしている書類の余白が正しくない場合や収まりきらないテキストがある場合は、次のことを試してください:「プリントされない領域」ポップアップメニューをクリックし、「ユーザ定義」を選択して、プリントされない余白にゼロを入力します。場合によっては、これで書類の余白を期待通りにプリントできることもあります。