macOS High Sierra

キーチェーンを使ってパスワードを管理する

macOS ではキーチェーンを使用して、パスワードや口座番号など、Mac コンピュータや iOS デバイスで毎日使用している機密情報を追跡し、保護できます。

「キーチェーンアクセス」アプリケーションを Mac で使用して、キーチェーンを表示および管理できます。Mac で iCloud キーチェーンを設定すると、キーチェーンを iCloud キーチェーンに保存し、Mac コンピュータまたは iOS デバイスからそれらにアクセスできます。

キーチェーンとは

キーチェーンは暗号化されたコンテナで、Mac、アプリケーション、サーバ、Web サイトのアカウント名とパスワード、およびクレジットカード番号や銀行口座の PIN 番号などの機密情報を安全に保存することができます。

Web サイト、メールアカウント、ネットワークサーバ、またはその他のパスワードで保護された項目にアクセスするときに、パスワードを覚えていたり毎回入力したりする必要がないように、パスワードをキーチェーンに保存することを選択できます。

Web サイトのパスワードを保存するかどうかを尋ねるダイアログ。

Mac ではユーザごとにログインキーチェーンが割り当てられます。ログインキーチェーン用のパスワードは、Mac へのログインに使用するパスワードと同じになります。Mac の管理者にログインパスワードをリセットされた場合は、ログイン・キーチェーン・パスワードを再設定する必要があります。

キーチェーンアクセス

Mac 上の「キーチェーンアクセス」アプリケーションを使用して、ログインおよびその他のキーチェーン、さらに鍵、証明書、パスワード、アカウント情報、メモなどのキーチェーンに安全に保存される項目を表示および管理します。パスワードを忘れた場合は、キーチェーンアクセスで調べることができます。キーチェーンアクセスに関する詳しい情報

「キーチェーンアクセス」ウインドウのメイン領域:カテゴリのリスト、キーチェーン項目のリスト、およびキーチェーン項目の説明。

iCloud キーチェーン

iCloud を使用している場合は、「Safari」の Web サイトのユーザ名とパスワード、オンラインで使用されるクレジットカード情報、Wi-Fi ネットワーク情報などを iCloud キーチェーンに安全に保存できます。iCloud キーチェーンは、それらの情報をすべての Mac コンピュータおよび iOS デバイスの間で自動的に最新の状態に保ちます。さらに、「メール」、「連絡先」、「カレンダー」、「メッセージ」で使用するアカウントや、Facebook や Twitter などのソーシャルメディアアカウントのログイン情報を保存して、すべてのデバイスで利用できるようにします。iCloud キーチェーンに関する詳しい情報

「Safari」から推奨されるパスワード。ユーザの iCloud キーチェーンに保存され、ユーザのデバイスで自動入力できることを示しています。

ヒント:パスワードやクレジットカードをオンラインで使用するときに、「Safari」にそれらをキーチェーンに保存して、自動的に入力してもらうことができます。Mac および iOS デバイスで iCloud キーチェーンを使用すると、保存された情報を「Safari」によってそれらで自動的に入力してもらうこともできます。詳しくは、クレジットカード、連絡先、およびパスワードの「自動入力」を使用するを参照してください。