macOS High Sierra

アプリケーションを終了する

アプリケーションは簡単に終了できます。そうすることで、Mac を再起動したときにアプリケーションが再度開かなくなります。

ヒント:複数のアプリケーションを一度に開いておくことができます。操作を終えたアプリケーションを終了する必要はありません。

アプリケーションを終了する

  • メニューバーで、アプリケーションが使用中のときに、「アプリケーション名」>「アプリケーションを終了」と選択します。たとえば、「メール」>「メールを終了」と選択します。

    注記:アプリケーションのウインドウの左上隅にある赤い閉じるボタン をクリックすると、ウインドウは閉じますが、アプリケーションは開いたままになります。詳しくは、デスクトップ上のウインドウを管理するを参照してください。

アプリケーションの終了時にすべてのアプリケーションウインドウを閉じるように設定する

デフォルトでは、アプリケーションを再度開くと、アプリケーションを終了したときに開いていたウインドウが再度開きます。ウインドウを再度開きたくない場合は、終了時にウインドウを閉じるように設定できます。

  • アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「一般」をクリックし、「アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる」を選択します。

    「一般」環境設定を開く

再起動、システム終了、またはログアウトの際にすべてのアプリケーションを終了する

  1. アップルメニューを選択して、「再起動」、「システム終了」、または「ログアウト」を選択します。再起動、システム終了、およびログアウトのほかの方法については、ログアウトする/スリープ状態にする/再起動する/システム終了するを参照してください。

  2. 表示されるダイアログで、「再ログイン時にウインドウを再度開く」の選択を解除します。

アプリケーションが正しく終了しない場合は、アプリケーションを強制終了できます(保存していない変更が失われることがあります)。アップルメニュー>「強制終了」と選択し、表示されるダイアログでアプリケーションを選択して、「強制終了」をクリックします。