2 ファクタ認証

2 ファクタ認証は Apple ID 用のセキュリティレイヤーで、だれかにパスワードが知られていても、ほかの人がアカウントにアクセスできないように設計されています。

2 ファクタ認証に登録する

アカウントが 2 ファクタ認証のすべての条件を満たしている場合は、はじめて Mac を使用するときに 2 ファクタ認証をオンにすることを求められます。「iCloud」環境設定でオンにすることもできます。アップルメニュー  >「システム環境設定」と選択し、「iCloud」をクリックします。必要に応じてアカウントにサインインし、「アカウントの詳細」をクリックしてから、「セキュリティ」をクリックします。

重要:2 ステップ確認を使用している場合は、2 ファクタ認証をオンにする前に 2 ステップ確認をオフにする必要があります。そのためには、Apple ID アカウントのページにサインインします。「セキュリティ」セクションで、「編集」をクリックしてから、「2 ステップ確認をオフにする」をクリックします。新しいセキュリティ質問を作成して誕生日を確認することを求められます。Apple ID の 2 ステップ確認がオフになっていることを確認するメールを受け取るはずです。

2 ファクタ認証を使用する

登録後、新しいデバイスではじめて Apple ID とパスワードを入力すると、6 桁の確認コードを使って本人であることを確認するよう求められます。このコードは、ほかのデバイスに自動的に表示されるか、信頼できる電話番号に送信されます。コードを入力してサインインし、新しいデバイスで自分の情報にアクセスしてください。

iCloud から完全にサインアウトしたり、デバイスを消去したり、セキュリティ上の理由でパスワードを変更する必要がある場合を除いて、そのデバイスで確認コードの入力を再度求められることはありません。

信頼できるデバイスと電話番号は、信頼できる Mac の「iCloud」環境設定で、信頼できる iOS デバイスの「設定」>「iCloud 」>「Apple ID」で、または Apple ID アカウントのページにサインインすることで、管理できます。

Apple のサポート記事「Apple ID の 2 ファクタ認証」を参照してください。