macOS High Sierra

パネルエディタのオプションを設定する

パネルエディタを使用して、スイッチコントロールまたはアクセシビリティキーボードのパネルコレクション用にカスタムパネルを作成します。パネルのオプションおよびパネル内のボタンとグループのオプションを設定できます。設定するオプションは、パネルをスイッチコントロールで使用するか、アクセシビリティキーボードで使用するかによって異なります。

パネルコレクションのウインドウ。パネル、ボタン、グループのオプションを設定するためのインスペクタボタンがツールバーの右端に表示されています。

ヒント:ウインドウの左端またはコーナーをドラッグするとレイアウト領域を大きくできます。パネル、ボタン、グループのオプションの設定にインスペクタを使用しない場合は、ツールバーのインスペクタをクリックして非表示にします。

パネルにボタンとグループを追加する

  • ボタンを追加する:ツールバーの「ボタンを追加」をクリックしてから、ボタンをドラッグしてレイアウト領域に置きます。

  • 語句リストを使用してボタンを追加する:「ファイル」>「語句リストを読み込む」と選択してから、単語または語句を含むファイル(標準テキストフォーマット)を選択します。ファイル内のテキストの行ごとに、自動的にボタンが追加され、そのタイトルはテキスト行に、アクションは「テキストを入力」になります。スイッチコントロールまたはアクセシビリティキーボードでボタンをクリックすると、そのタイトルが現在の書類に入力されます。

  • グループを作成する:レイアウト領域でボタンを 2 つ以上選択してから、ツールバーの「グループ化」をクリックします。キーボードパネルにはデフォルト・ボタン・グループが含まれ、それぞれがキーに対応しています。

  • グループを編集する:グループをダブルクリックして選択してから項目をグループ内の別の場所にドラッグしたり、削除する項目を選択したりします。項目のグループ化を解除するには、ツールバーの「グループ解除」をクリックします。

スイッチコントロールのパネルのオプションを設定する

  • パネルオプションを設定します。

    インスペクタにパネルオプションが表示されない場合は、レイアウト領域でボタンまたはグループが選択されていないかチェックしてください。選択されている場合は、領域の背景内をクリックして選択を解除します。

    • このアプリケーションで表示:ポップアップメニューで選択したアプリケーションのいずれかが現在のアプリケーションである場合に、パネルを自動的に表示します。

    • 表示:スイッチコントロール内でパネルを使用する方法を指定します。パネルの使用方法を指定します。カスタムパネルのリストに含めるか、またはデフォルトの「ホーム」パネル、「キーボード」パネル、または「ポインタ」パネルとして使用できます。デフォルトの「ホーム」パネル、「キーボード」パネル、または「ポインタ」パネルとして保存すると、既存のパネルが置き換えられます。置き換えられたパネルは、カスタムパネルのリストで引き続き利用できます。

    • 自動スキャンのスタイル:自動スキャンがパネル上を移動する方法を設定します。自動スキャンのプレビューを表示するには、レイアウト領域でグループをダブルクリックするかリストでパネルを選択し、ツールバーの「プレビュー」をクリックします。

      「コマ送り」を選択して、次のボタンまたはグループへ移動します。指定したボタンの数に基づいて移動するには、「グライドしてコマ送り」を選択します。

      「グライドしてコマ送り」では、グループごとに移動する場合よりも求められる精度が低くなります。自動スキャンでは、パネル上の移動に合わせて重複するシーケンス内のボタンセットが強調表示されるため、ターゲットのボタンまでコマ送りする前に、そこに近づく機会が何度もあります。

      「グライドしてコマ送り」の動作を示す図。重複するシーケンス内で、4 個のボタンで構成されるあるセット(レンズサイズ)が強調表示され、その後、次の 4 個のボタンのセットが強調表示される、という具合に動作します。
    • グライドレンズサイズ:「グライドしてコマ送り」の自動スキャンで一度に強調表示されるボタンの数を指定します。

    • 調整を表示:カスタムパネルの右上隅に「パネルオプション」アイコン が表示され、そのボタンを使ってパネルのサイズと透明度を調整できます。

    • ホームボタンを表示:カスタムパネルの右上隅にホームボタン が表示され、「ホーム」パネルに簡単に戻ることができます。

  • ボタンおよびグループのオプションを設定します。

    • 選択したボタンまたはグループの視覚オプションを設定する:インスペクタで、以下を指定します:名前(ボタン用のみ)、フォントのサイズと色、位置、ボタンに使用するイメージ、ボタンの色。

    • 選択したボタンまたはグループの聴覚オプションを設定する:インスペクタで、以下を指定します:VoiceOver カーソルをボタンに合わせたときに読み上げる語句、項目を選択したときに再生するサウンド。

      語句またはサウンドが聞こえるのは、「スイッチコントロール」環境設定が読み上げまたは再生に設定されている場合だけです。このオプションを設定するには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「アクセシビリティ」をクリックします。次に「スイッチコントロール」をクリックし、「ナビゲーション」をクリックしてから、「ナビゲーション中」ポップアップメニューをクリックします。

      「スイッチコントロール」パネルを開く

    • 選択したボタンの動作を設定する:ボタンが選択されたときに実行する動作(「テキストを入力」など)を指定します。動作によっては、ボタンが選択されたときに自動入力するテキストなどの詳細を追加で指定する必要があります。

      マウスアクションを選択する場合:

      • 「回転」マウスアクションの場合は、「境界」設定でセクタ(円グラフの扇形のような形)の回転方法を指定します。「すべてのディスプレイ」に設定すると、ポインタの現在の位置から画面を中心に回転します。「ウインドウ操作」に設定すると、ウインドウの中央から最前面のウインドウを中心に回転します。

      • 「方向移動」マウスアクションの場合は、ボタンが選択されたときに画面上をポインタが移動する方向を指定したり、最後の方向移動を反転または繰り返したりすることができます。

1 つのパネル内、および複数のパネル間で、項目をコピー&ペーストできます。

「アクセシビリティキーボード」パネルのオプションを設定する

  • パネルオプションを設定します。

    インスペクタにパネルオプションが表示されない場合は、レイアウト領域でボタンまたはグループが選択されていないかチェックしてください。選択されている場合は、領域の背景内をクリックして選択を解除します。

    • このアプリケーションで表示:ポップアップメニューで選択したアプリケーションのいずれかが現在のアプリケーションである場合に、パネルを自動的に表示します。

    • 表示:スイッチコントロール内でパネルを使用する方法を指定します。パネルの使用方法を指定します。カスタムパネルのリストに含めるか、またはデフォルトの「ホーム」パネル、「キーボード」パネル、または「ポインタ」パネルとして使用できます。デフォルトの「ホーム」パネル、「キーボード」パネル、または「ポインタ」パネルとして保存すると、既存のパネルが置き換えられます。置き換えられたパネルは、カスタムパネルのリストで引き続き利用できます。

    • 調整を表示:カスタムパネルの右上隅に「パネルオプション」アイコン が表示され、そのボタンを使ってパネルのサイズと透明度を調整できます。

    • ホームボタンを表示:カスタムパネルの右上隅にホームボタン が表示され、「ホーム」パネルに簡単に戻ることができます。

  • ボタンおよびグループのオプションを設定します。

    • 選択したボタンまたはグループの視覚オプションを設定する:インスペクタで、以下を指定します:名前(ボタン用のみ)、フォントのサイズと色、位置、ボタンに使用するイメージ、ボタンの色。

    • 選択したボタンの動作を設定する:ボタンが選択されたときに実行する動作(「テキストを入力」など)を指定します。動作によっては、ボタンが選択されたときに自動入力するテキストなどの詳細を追加で指定する必要があります。

      滞留アクションを選択する場合:

      • ポインタをボタンの上に移動したときに実行するダブルクリックなどの滞留アクションを選択します。オプションメニューを表示してその都度アクションを切り替える、または何のアクションも実行しないようにすることもできます。

      • アクションを 1 回だけ実行する場合は「1 回のみ」を選択します。このオプションはたとえば、ショートカットメニューを開く右クリックを実行するボタンに使用できます。

1 つのパネル内、および複数のパネル間で、項目をコピー&ペーストできます。

パネルコレクション内でパネルを編集する場合は、変更内容を必ず保存してスイッチコントロールまたはアクセシビリティキーボードで使用できるようにしてください。