Disk Utility:500 GB 以上のディスクをフォーマットできない

Mac OS X 10.5 では、ディスクユーティリティで 500 GB 以上のディスクをフォーマットしようとすると、次のようなエラーメッセージが表示され、フォーマットに失敗する場合があります。

「ファイルシステム・フォーマッタは処理に失敗しました」

このような場合は、以下の手順に従って、ディスクをフォーマットします (詳しくは こちらの記事 を参照してください)。ヒント:パーティションを作成せずにディスクを削除しても、問題は解決しません。

  1. 重要なデータを バックアップ します。重要:ハードディスクにパーティションを作成すると、ハードディスク内のデータはすべて消去されます。
  2. ディスクユーティリティを開きます。
    • Mac OS X インストールディスクから起動した場合は、「ユーティリティ」メニューから「ディスクユーティリティ」を選択します。
    • お使いのコンピュータの Mac OS X ボリュームから起動した場合は、「ユーティリティ」フォルダから「ディスクユーティリティ」を開きます。このフォルダを開くには、Finder の「移動」メニューから「ユーティリティ」を選択します。
  3. 削除するディスクを選択します。
  4. 「ディスクユーティリティ」ウインドウの「パーティション」タブをクリックします。「パーティション」タブが表示されていない場合は、ウインドウの左側で、ボリュームではなく disk が選択されていることを確認します。

    ヒント:ディスクユーティリティでは、ウインドウの左側にあるボリューム名がインデントされていますが、ディスク名はインデントされていません。
     
  5. 「ボリュームの方式」ポップアップメニューから作成するパーティションの数を選択します。1 つだけ作成したい場合は、「1 パーティション」を選択します。
  6. 「オプション」をクリックします。

    ヒント:Intel ベースの Mac では、「パーティション」タブに「オプション」ボタンが表示されない場合があります。この場合は、「消去」タブを使ってディスクを削除します。これにより、パーティションの方式が「GUID パーティション方式」に変更されます。これで、「パーティション」タブから追加パーティションを作成できるようになります。
     
  7. 「パーティションの方式」ポップアップメニューから「GUID パーティション方式」を選択します。
  8. 「OK」をクリックします。
  9. 「ボリューム情報」セクションで、パーティションのサイズまたは名前などを必要に応じて変更します。
  10. 「パーティションを作成」ボタンをクリックし、ディスクを消去して新しいパーティション方式をインストールします。
公開日: