Xserve:予期しない再起動の原因

Xserve の予期しないシャットダウンまたは再起動が発生した場合、/var/log/system.log を参照して予期しないシャットダウンの後に書き込まれているエントリを見ると、そのシャットダウンイベントの原因を特定できます。

Xserve のシャットダウンの原因は数値によって示されます。もっとも一般的なシャットダウンの値は -93 および -122 です。これらのログエントリの例を以下に示します。

  • localhost kernel[0]: ApplePMU::PMU forced shutdown, cause = -93
  • localhost kernel[0]: ApplePMU::PMU forced shutdown, cause = -122

問題 1:シャットダウン値 -93 は、コンピュータが応答しなくなったために再起動したことを示します。Xserve の「システム環境設定」の「省エネルギー」で「コンピュータが操作不能になった場合に自動的に再起動」というオプションを選択している場合に、このタイプの再起動イベントが発生します。

問題 2:シャットダウン値 -122 は、電源に関連する問題の結果としてコンピュータがシャットダウンしたことを示します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

シャットダウン値が -93 の場合は、以下の手順を実行します。

  1. ハードディスクを確認し、必要な場合は修復します。ローカルハードディスクの修復については、「ディスクユーティリティおよび fsck を使用して、起動時の問題を解決する、あるいはディスクをメインテナンスする」を参照してください。
  2. 注意:Xserve で Mac OS X 10.4.3 以降を実行していて、起動ディスクが Mac OS X 拡張 (ジャーナル済み) フォーマットである場合、「ライブ検証」を使って現在の起動ディスクを確認できます。「ライブ検証」の詳細については、「Mac OS X 10.4.3 以降でディスクユーティリティを使ってディスクを検証・修復する」を参照してください。

  3. ハードウェアの整合性を確認します。

    • Apple Hardware Test を使って Xserve G4 を検査します。詳しくは、Xserve に付属の Apple Hardware Test CD を参照してください。
    • Xserve Remote Diagnostics 使って Xserve G5 を検査します。Xserve Remote Diagnostics の詳細については、『Xserve G5: Using Xserve Remote Diagnostics』ガイドを参照してください。
    • Apple Xserve Diagnostics を使って Intel プロセッサ搭載の Xserve を検査します。Apple Xserve Diagnostics の詳細については、『Apple Xserve Diagnostics ユーザーズガイド』を参照してください。
  4. システムが反応しない結果として Xserve が引き続き自動的にシャットダウンまたは再起動する場合 (値 -93)、AppleCare にお問い合わせください。

シャットダウン値が -122 の場合は、以下の手順を実行します。

  1. 電源を確認します。

    通常、Xserve が完全に停電した場合、または電力供給の変動が発生して Xserve がシャットダウンした場合に、-122 のエントリが書き込まれます。電源に関連する問題の結果として Xserve がシャットダウンする場合、電源の信頼性を調査することを推奨します。

  2. ハードウェアの整合性を確認します。

    • Apple Hardware Test を使って Xserve G4 を検査します。詳しくは、Xserve に付属の Apple Hardware Test CD を参照してください。
    • Xserve Remote Diagnostics 使って Xserve G5 を検査します。Xserve Remote Diagnostics の詳細については、『Xserve G5: Using Xserve Remote Diagnostics』ガイドを参照してください。
    • Apple Xserve Diagnostics を使って Intel プロセッサ搭載の Xserve を検査します。Apple Xserve Diagnostics の詳細については、『Apple Xserve Diagnostics ユーザーズガイド』を参照してください。
  3. 電源関連の問題の結果として Xserve が引き続き自動的にシャットダウンまたは再起動する場合 (値 -122)、AppleCare にお問い合わせください。

-93 または -122 以外のシャットダウン値が Xserve のシステムログに書き込まれている場合は、AppleCare にお問い合わせください。

注意:停電後に Xserve がシャットダウンするのではなく、再起動するようにするには、「システム環境設定」の「省エネルギー」の「停電後に自動的に再起動」というオプションを選択します。

公開日: