Compressor:基本的なトラブルシューティング

「Compressor」が正しく起動または動作しない場合、以下の基本的トラブルシューティング手順を行って問題を解決できるかどうかお試しください。これらの手順は基本的なもので、Compressor を適切な動作状態にするためにもっとも効果的です。

バッチを送信しようとした際に次のメッセージが表示される場合は、ここから始めるのが適切です。

「キューに送信できません。コンピュータを再起動するか、Compressor が正しくインストールされていることを確認してください。」

 

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

バージョンを確認する

  1. 最新のソフトウェアバージョンにアップデートする。
    アップル () メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択し、Compressor、Apple QMaster、QuickTime、その他の重要なシステムファイルの最新アップデートがインストールされていることを確認します。 最新アップデートをインストールすることにより、もっとも性能が高く強化された状態でソフトウェアを利用できます。
  2. 他社製デバイスの互換性とドライババージョンを確認する。
    他社製のキャプチャカード、記憶装置、入力装置などをお使いの場合、各社 Web サイトのサポートページで、コンピュータにインストールされているデバイスのドライバやソフトウェアが最新バージョンであることを確認してください。

「共有」でコンピュータ名を確認する

(任意のサービスについて共有が無効になっている場合でも) システム環境設定の「共有」パネルで「コンピュータ名」と「ローカルホスト名」が入力されている必要があります。

  1. アップル () メニューから「システム環境設定」を選択します。
  2. 「共有」をクリックします。
  3. 「コンピュータ名」フィールドが空白の場合は名前を入力します。
  4. 「編集」をクリックします。
  5. 「ローカルホスト名」フィールドに名前がない場合は、名前を入力します。

ユーザ環境設定を削除する

「Compressor」で発生する問題の多くは、アプリケーションを元来の設定に戻すことで解決できます。この操作を行っても、プロジェクトファイルには影響ありません。「Compressor」のユーザ環境設定を元の状態にリセットするには、次の手順に従ってください。

  1. Finder で、~/ライブラリ/Preferences を開きます。ティルダ (~) はホームフォルダを意味します。
  2. 「Preferences」フォルダから次のファイルを削除します。
    • com.apple.Compressor.CompressorSharedService.plist
    • com.apple.compressor.Compressor.plist

注意:これにより、以前に作成したカスタム設定が削除されることはありません。カスタム設定は ~/ライブラリ/Application Support/Compressor に保存されています。

Apple QMaster のキャッシュをクリアする

バッチ処理の問題は、Apple QMaster のキャッシュをクリアすることによって解決する場合もあります。

  1. Compressor および Batch Monitor を終了します。
  2. Finder で「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択します。
  3. 表示されるダイアログで、「/var/spool/qmaster/」というパスを入力します。
  4. 「移動」をクリックします。
  5. /var/spool/qmaster/」内のコンテンツをゴミ箱にドラッグします。
  6. コンピュータを再起動します。

ファイルのアクセス権を修復する

  1. 開いているファイルやアプリケーションをすべて閉じます。
  2. 「ディスクユーティリティ」(「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダ内にあります) を開き、左側のリストから起動ディスクを選択します。
  3. 「First Aid」をクリックします。
  4. 「ディスクのアクセス権を修復」ボタンをクリックします。

「Compressor」を削除して再インストールする

「Compressor」を効果的に再インストールするには、「Compressor」アプリケーション、そのレシートおよび関連ファイルを削除した後、「Compressor」を再インストールし、「ソフトウェア・アップデート」で追加アップデートをインストールします。以下の手順に従って「Compressor」の新しいコピーを再インストールしてください。

注意:以下の作業を始める前に、「Compressor」がバンドルされていたアプリケーションのインストールディスクとシリアル番号が手元にあることを確認してください。

Finder を使用して以下の項目を削除します。

  • /アプリケーション/Apple Qadministrator.app
  • /アプリケーション/Apple Qmaster.app
  • /アプリケーション/Compressor.app
  • /アプリケーション/ユーティリティ/Batch Monitor.app
  • /ライブラリ/Application Support/Apple Qmaster (フォルダ)
  • /ライブラリ/Frameworks/AECore.framework
  • /ライブラリ/Frameworks/Compressor.framework
  • /ライブラリ/Frameworks/MediaServerAPI.framework
  • /ライブラリ/Frameworks/Qmaster.framework
  • /ライブラリ/Logs/Qmaster (フォルダ)
  • /ライブラリ/PreferencePanes/Apple Qmaster.prefPane
  1. Finder で「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択します。
  2. 以下のパスを入力します。
    /usr/sbin/
  3. 「移動」をクリックします。
  4. Finder フォルダから次の項目を探し、ゴミ箱にドラッグします。
    • qmasterca
    • qmasterd
    • qmasterprefs
    • qmasterqd
  5. Finder で「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択します。
  6. パス「/var/spool/qmaster/」を入力します。
  7. 次に「実行」ボタンをクリックします。
  8. 「qmaster」ディレクトリにフォルダがある場合は、すべてゴミ箱にドラッグします。

 
Mac OS X v10.5.8 以前の場合
Finder を使用して以下の項目を削除します。

  • /ライブラリ/Receipts/Compressor.pkg
  • /ライブラリ/Receipts/ProMediaIO.pkg
  • /ライブラリ/Receipts/Qmaster.pkg
  • /ライブラリ/Receipts/Qmaster_Frameworks.pkg


Compressor 3.0.5 以前の場合

Finder を使って以下のフォルダを削除します。

  • /ライブラリ/StartupItems/Qmaster (フォルダ)

「Motion」がインストールされている場合は、「アプリケーション」フォルダからゴミ箱にドラッグします。


Compressor 3.5 以降の場合

Finder を使って以下のファイルを削除します。

  • /ライブラリ/LaunchDaemons/com.apple.qmaster.qmasterd.plist

 

インストールディスクから Compressor および Apple Qmaster (および該当する場合は Motion) を再インストールします。インストールが完了したら、アップル () メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択して、ソフトウェアを最新バージョンにアップデートします。

Motion 3:プロジェクトのプリセットが失われる

公開日: