Mac OS X 10.4.8: AirMac が再起動後またはスリープ状態からの解除後に既存のネットワークに自動接続しない

Mac OS X 10.4.8 をアップグレードすると、Intel ベースのコンピュータの中には WPA2 または WEP セキュリティを使った記録済みのネットワークに自動接続しない場合があります。この記事では、上記の現象を修正する方法について説明します。

自動接続を復元するには以下の手順を実行します。

  1. アップルメニューから「システム環境設定」を選択します。
  2. 「ネットワーク」パネルを選択します。
  3. 「表示」ドロップダウンメニューから「AirMac」を選択します。
  4. 次に、「デフォルトの接続先」ポップアップメニューが「優先するネットワーク」に設定されていることを確認します(「デフォルトの接続先」ポップアップメニューが「自動」に設定されていた場合は、次の手順のあとで「自動」の設定に戻すことができます)。
  5. WPA2 セキュリティが表示されているネットワークをすべて選択し、マイナス (-) ボタンを使って、WPA2 ネットワークを削除します。
  6. リストからWPA2 ネットワークをすべて削除したら、プラス (+) ボタンを使って、WPA2 ネットワークを再び追加します(ワイヤレスネットワークに接続するには適切なパスワードが必要です)。操作を簡単にするには、次にネットワークをご利用に なるまでネットワークを再度追加する作業を遅らせたほうがよい場合もあります。ネットワークが利用可能な場所では、そのネットワークは自動的にリストに追 加されます。
  7. 手順 4 で、「デフォルトの接続先」が「優先するネットワーク」ではなく「自動」に設定されていた場合、デフォルトは「自動」に変更してください。


公開日: