Mac OS X 10.5: インストールオプションが「消去してからインストール」しかない

Mac OS X 10.5 Leopard をインストールする際に、利用できるインストールオプションが「消去してからインストール」しかありません。“インストール設定を変更しないとこのボ リュームに Mac OS X をインストールできません”といった警告がインストール中に表示されます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

TechTool Pro の“eDrive”

この問題の原因の 1 つは、インストール先ボリュームで以前に TechTool Pro を使って“eDrive”を作成したことです。この問題を解決するには、Micromat 社の Web サイトにあるこちらの記事を参照してください。

インストール先ボリュームに問題がないか確認する

Leopard のインストーラは、インストール先ウインドウにディスクを一覧表示する前に、使用可能なインストール先ディスクをバックグラウンドでチェックします。ディスクのチェックに失敗した場合、問題が発生したことを示すメッセージは表示されません。

Leopard のインストール DVD の「ディスクユーティリティ」を使ってインストール先ドライブの検証と修復を行います(Leopard DVD からの起動時に「ユーティリティ」メニューから選択します)。

注記:「ディスクユーティリティ」で「拡張属性の数が正しくありません(正しい値 0、不正な値 「現状の数」”」と報告される場合は、次の手順に従います。

  1. 「ディスクユーティリティ」を終了します。
  2. ユーティリティ」メニューの「起動ディスク」を選択します。
  3. Mac OS X ボリューム(ハードドライブ)を選択して「再起動」をクリックします。
  4. 管理者ユーザとしてログインします。
  5. ターミナルを起動します(/アプリケーション/ユーティリティ)。
  6. 次のコマンドをタイプして「return」キーを押します。

    sudo /usr/sbin/fsaclctl -p / -e
  7. パスワードの入力を求められたら、パスワードを入力します。
  8. Leopard Install DVD から再起動します。
  9. ユーティリティ」メニューから「ディスクユーティリティ」を開き、ボリュームを修復します。
  10. ボリュームが修復されたことを確認します。
  11. 「ディスクユーティリティ」を終了します。
  12. Leopard のインストールを続行します。

ディスクユーティリティが報告する別の問題を修復できない場合は、重要なファイルをバックアップした後、「消去してからインストール」を実行してください。

インストール先ドライブのパーティションタイプを確認する

インストール先ドライブでディスクユーティリティを使ってパーティション方式をチェックし、ネイティブ方式(PPC の場合は Apple Partition Map、Intel の場合は GUID)であることを確認します。方式が異なる場合は、ドライブのデータをバックアップし、「ディスクユーティリティ」の「パーティション」タブにある「オプション」ボタンを使って正しいパーティション方式を設定して、「パーティション」をクリックします。

重要:Apple 以外の他社製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、Apple による支持または推奨を意味するものではありません。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

公開日: