Mac OS X 10.5:管理者ユーザが通常ユーザに変わる

Mac OS X 10.5 Leopard のアップグレードインストール (デフォルトのインストール方法) を実行後、管理者アカウントが通常ユーザのアカウントに変わることがあります。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
  1. Mac OS X 10.5 インストール DVD から開始します。 (Leopard を再度インストールする必要はありません。)
  2. ユーティリティ」メニューの「パスワードをリセット」を選択します (ファームウェアパスワードユーティリティを選択しないでください)。
  3. 画面に表示される指示に従ってルートパスワードをリセットします (ルートアカウントはお使いのアカウントと異なります)。具体的には、Mac OS X がインストールされているドライブの名前を選択し、ポップアップメニューで「システム管理者 (ルート)」ユーザを選択して、最初のフィールドにパスワードを入力後、2 番目のフィールドに同じパスワードを再入力してから「保存」ボタンをクリックします。
  4. Mac OS X Leopard ボリュームから再起動します。
  5. ログインウィンドウが表示されたら、「その他...」を選択し、上記で作成したパスワードを使ってルートユーザとしてログインします。  注意:Mac OS X が自動的にログインした場合は、アップルメニューの「(名前) をログアウト」を選択すると、ログインウィンドウが表示されます。
  6. 「アカウント」環境設定に進み、問題が生じているユーザの「ユーザにこのコンピュータの管理を許可」をチェック (有効に) します。
  7. アップルメニューの「ルートをログアウト....」を選択します。
  8. この問題があったユーザアカウントでログインします。(このアカウントは管理者アクセスできるようになりました。)
  9. ディレクトリユーティリティを使って、ディレクトリユーティリティの「編集」メニューからルートユーザを無効にします。最初にカギのアイコンをクリックしなければならないことがあります)。

以下の記事も参照してください。

  • 306840Mac OS X 10.5:アップグレードインストール後にログインできない
  • 306508 Mac OS X 10.5:パスワード設定されていないアカウントでログインできない
  • 306965Mac OS X 10.5, iMac (Mid 2007):Leopard へアップグレード後、ログイン画面から先に進めない
公開日: