Lion Server:一括導入の方法

Lion Server では、OS X Lion および Lion Server の一括導入で利用できるように、NetInstall イメージまたは NetRestore イメージを作成できます。お客様の環境にどの方法が最適かを確認してください。

NetInstall

NetInstall イメージは、ネットワーク経由で OS X、Lion Server、および追加パッケージをインストールする場合に利用できます。以前のバージョンの Mac OS X を消去せずにボリュームをアップグレードしようと計画している場合は、最初に NetInstall イメージを利用します。 

復元用のパーティション を作成するには、次のいずれかの方法を使います。

  • 少なくとも一度、App Store または NetInstall イメージから、Mac に OS X Lion をインストールします。
  • OS X Lion v10.7.2 以降を実行するコンピュータで「システムイメージユーティリティ」を使って作成された、OS X Lion v10.7.2 以降の NetRestore イメージを使います。復元用パーティションの作成を許可するオプションを有効にしてください。「システムイメージユーティリティ」はサーバ管理ツールに含まれていて、こちら から入手できます。

NetRestore

NetRestore イメージは、ネットワークを経由して、インストール先のボリュームを消去し、プリインストール済みのシステムのブロックコピーを実行するために利用できます。通常、NetRestore の方が NetInstall より高速です。

NetRestore イメージを事前に設定済みのボリュームから作成するほかに、(Apple サポートダウンロード からサーバ管理ツールをダウンロードした後で) Mac OS X Server で「システムイメージユーティリティ」を使って、「Mac OS X Lion インストール」アプリケーションでの NetRestore イメージを作成できます。必要に応じて、追加パッケージを加えることができます。この方法で NetRestore イメージを作成すると、Mac OS X Lion の「新規状態」(設定されていない) のインストール環境になります。

Lion Server を一括導入しようと計画している場合は、プリインストール済みのボリュームから作成された NetRestore イメージを利用する必要があります。

設定されていない Lion Server の NetRestore イメージを作成するには、次の手順を実行します。

  1. OS X Lion をインストールしてから、Lion Server をインストールします。このサーバは、NetRestore イメージの作成に使用されます。
  2. サーバで、Mac App Store から、「Mac OS X Lion インストール」という名前の App をインストールします。(このプロセスでは、ネットワーク接続が必要です。)
  3. http://support.apple.com/ja_JP/downloads/ からサーバ管理ツールをサーバにインストールします。
  4. 「Mac OS X Lion インストール」アプリケーションを開き、空のボリュームにインストールします。このボリュームには、空いているパーティションや、外部ハードドライブなどを利用できます。必ず「カスタマイズ」ボタンをクリックして、Lion Server ソフトウェアを選択します。インストールに必要なファイルを目的のボリュームにコピーするプロセスが開始します。コピーが終わると、インストールプロセスではじめてシステムが再起動します。
  5. 再起動の後、Lion インストーラが処理を完了し、2 回目の再起動のカウントダウンが開始します。2 回目の再起動時に「option」キーを押したままにすると、設定アシスタントではなく Startup Manager が開きます。
  6. Startup Manager が表示されたら、Lion Server の設定が済んでいるボリュームを選択します。
  7. 「システムイメージユーティリティ」を開き、新しくインストールした (まだ設定されていない) ボリュームから NetRestore イメージを作成します。すでに設定を済ませた後でボリュームのイメージを作成する場合は、設定アシスタントに従って続行してから、手順 1 で作成した元のインストール環境で再起動します。

注意:Lion Server イメージを展開しようとしているハードウェア以外のハードウェアでイメージを作成している場合は、最初のインストールの後、コンピュータで設定アシスタントを起動させないでください。この措置によって、目的のボリュームにハードウェア固有の構成ファイルが作成されないようにします。

公開日: