Xsan 2.x:テキストファイルやコピー/ペーストを使って、Xsan Admin のシリアル番号のリストを入力する

「Xsan Admin」バージョン 2 では、テキスト文書のシリアル番号のリストを「Xsan Admin」にドラッグするか、文書やメールメッセージのシリアル番号のリストをコピーしてペーストすることで、シリアル番号のリストを簡単に入力できます。

これは、「public.text」の Uniform Type Identifier を持つテキスト形式のファイルすべて、つまり、標準テキストファイル (.txt)、リッチテキストファイル (.rtf)、HTML ファイルや、ファイル拡張子がないその他のテキストファイルなどで機能します (plist ファイルなど異なる拡張子を持つテキストファイルでは機能しません)。

ファイルがテキスト形式であり、シリアル番号を含んでいるとわかっている場合、以前の SAN 設定からの PLAIN テキストの (バイナリ plist ファイルではない) 「config.plist」ファイルなどで、「Xsan Admin」がシリアル番号をそのファイルから入力できない場合は、ファイル名に「.txt」を追加してみてください。追加すると、「Xsan Admin」がシリアル番号を見つけることができるようになります。

テキストには 1 行に 1 つのシリアル番号が掲載されている必要があります。シリアルに、「Licensed to(登録名)」および「Organization(登録組織名)」フィールドがある場合、これらは、シリアル番号の文字列の一部になっており、パイプで区切られている必要があります。下記がその例です。

XSAN-020-xxx-x-xxx-xxx-xxx-xxx-xxx-xxx-x|Licensed to info|Organization info
公開日: