Mac OS X v10.6.3 アップデートについて

Mac OS X v10.6.3 アップデートの内容、および最新のソフトウェアにシステムをアップデートする際のヒントについて説明します。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard BoxMac OS X v10.6.3 アップデート

システムをアップデートする

インストールする前にシステムのバックアップを取得する必要がありますが、それには Time Machine を使うことができます。

システムのアップデートを開始したら、途中でインストールの処理を中断しないようにしてください。システムソフトウェアに変更を加えるような他社製のソフトウェアがインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムを変更した場合は、予期しない結果になることがあります。

アップル () メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択し、インターネット経由でこのアップデートを含む最新のアップルソフトウェアを確認します。

コンピュータが最新の状態でない場合は、コンピュータに使用可能なほかのソフトウェア・アップデートが表示されることがあるので、インストールしてください。ソフトウェア・アップデートで「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示される場合は、使用可能なアップデートがすべてインストール済みであることがわかります。

「ソフトウェア・アップデート」を使ってインストールする場合、アップデートのサイズはお使いのコンピュータによって 異なる場合があります。 また、アップデートによっては、ほかのアップデートを先にインストールする必要があります。したがって、目的のアップデートをすべてインストールするまでに、ソフトウェア・アップデートを数回実行することになります。

アップデート インストーラ は手動でダウンロードできます。このオプションは、アップデートを 1 度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。これらの単体インストーラのバージョンはアップルのサポートダウンロードから入手できます。

アップデートの内容

このアップデートのセキュリティコンテンツの詳細については、こちらの記事 を参照してください。

全般的なオペレーティングシステムの修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • 64 ビットモードで実行する際の Logic Pro 9 と MainStage 2 のパフォーマンス
  • プリントの信頼性
  • Bonjour の Wake on Demand を使用する際のスリープとスリープ解除の信頼性
  • HD コンテンツを扱う際に iMovie で見られる色の問題
  • iMac (Late 2009) 内蔵の iSight カメラで撮影したビデオの再生時に見られる明るすぎるピクセル、ドット落ち、暗いピクセル異常
  • FAT 32 でフォーマットされたドライブにディレクトリをコピーする際に Finder で -36 エラーがレポートされる問題
  • フォトスクリーンセーバの信頼性
  • OpenGL ベースのアプリケーションとの互換性の問題
  • Aperture で作成した PDF ブックのプレビューのシャドウがグレイではなく黒に表示される問題
  • ハウリングを避けるためにいったん音量が下がった後に、iChat のマイクレベルの音量が上がらない問題
  • 一部の他社製 USB デバイスの信頼性
  • Active Directory などアップル以外のディレクトリサービスでホストされているグループのメンバーに、システム環境設定の「アカウント」パネルを使ってログインを制限できるようになりました。
  • システム環境設定の「ネットワーク」で指定されている DNS サーバの順序と DNS の信頼性Mac OS X v10.6 で応答がない DNS サーバを処理する方法の詳細については、こちらの記事 を参照してください。
  • QuickTime X の信頼性と互換性
  • データ収集:Mac OS X v10.6.3 では分析のために、自動的に Mac から診断情報と使用情報を収集してアップルに送信できます。この情報は、ユーザから明示的な同意が得られている場合のみ収集され、アップルへの送信は匿名で行われます。詳細については、こちらの記事 を参照してください。
     

AirMac とワイヤレスネットワーキングに関する修正は以下の問題に対処しています。

  • ワイヤレス接続の全般的な信頼性
  • 非公開ネットワーク接続、WPA2 を含む、802.1X の信頼性に対する改善
  • 2.4GHz ワイヤレスネットワーク接続時の現行 iMac モデルのスリープ/スリープ解除の信頼性
     

日付と時刻に関する修正は以下の問題に対処しています。

  • アルゼンチン、フィジー、パキスタン、南極大陸などの地域の最近の変更を夏時間ルールに反映
     

ディレクトリサービスに関する修正は以下の問題に対処しています。

  • SSL で LDAP サーバにバインドすると、システムが不安定になったり、反応しなくなったりする問題
  • 802.1X のログインウインドウプロファイルがあって、ワイヤレスネットワークが使用できない場合に Ethernet 経由のディレクトリ認証が成功するようになります。
     

ファイルサービスに関する修正は以下の問題に対処しています。

  • Microsoft Office 2008 から SMB サーバボリュームにファイルを保存できないことがある問題
  • SMB サーバボリューム上のファイルのコピー、名前の変更、削除の問題
  • SMB ファイルサーバに対するクリアテキストの認証
     

iCal に関する修正は以下の問題に対処しています。

  • 繰り返しイベントの 1 つの予定の参加者リストを変更する。このような変更をしても、会議の場所の予約が取り消されなくなりました。
  • Microsoft Exchange サーバの新しい参加依頼が「通知」パネルに表示されないことがある問題
  • 終了日が設定されている Microsoft Exchange の繰り返しイベントを正しく表示します。詳細については、こちらの記事 を参照してください。

Mail に関する修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • Mail でメッセージの背景色が正しく表示されない問題
  • Entrust PKI (公開鍵のインフラストラクチャ) を使用するときなどのメッセージの署名と暗号化
  • Microsoft Exchange サーバ上の「送信済み」メールボックスの同期
  • インターネットロードバランサの背後でホストされている Microsoft Exchange サーバ上のメールボックスが Mail で削除される問題
     

モバイルアカウントに関する修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • SMB ファイルサーバに格納されているホームディレクトリの同期
  • Active Directory ドメインのモバイルユーザにパスワードの期限が迫っていることを正しく知らせる警告
  • スマートカード認証を使用するモバイルアカウントをコマンドラインツールを使わずに作成する
  • バックグラウンドで実行する同期の信頼性
     

MobileMe に関する修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • www.me.com/gallery にログインしているときに Safari でムービーを表示できないことがある問題
  • iDisk Sync の信頼性
  • カレンダーの同期の信頼性

ペアレンタルコントロールに関する修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • ペアレンタルコントロールユーザへの Safari ブックマーク機能の復元
  • ペアレンタルコントロール使用時の Safari ブックマーク管理の改善
  • ペアレンタルコントロール使用時のアプリケーション起動制限の信頼性の向上
     

Rosetta に関する修正は以下の問題に対処しています。

  • 名前に # または & が含まれているファイルが Rosetta アプリケーションで開けない問題
     

システムイメージ作成に関する修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • カタログファイルが断片化されているイメージを復元するために asr コマンドで「--allow fragmented catalog」オプションを使用できるようになりました。詳しくは、ターミナルで「man asr」と入力してください。
  • QuickTime 7 Pro キーがインストールされている Mac OS X v10.5 システムを Mac OS X v10.6 へアップグレード可能なインストーラコマンドが使用できるようになりました。
     

Time Machine に関する修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • 複数のコンピュータを含む Time Machine から Time Capsule へのバックアップの信頼性
  • サポートしていない Mac 構成にシステムバックアップを復元出来てしまうことがある Time Machine の問題
  • AirMac 接続で Time Machine バックアップが機能しないことがある問題
     

Xsan に関する修正と改善は以下の問題に対処しています。

  • Xserve RAID へのファイバーチャネル接続の信頼性
  • あるファイバーチャネル LUN のサイズが間違ってレポートされることがある問題

 

Mac OS X v10.6.3 統合アップデートには、Mac OS X v10.6.1 アップデート および Mac OS X v10.6.2 アップデート にある改善点も含まれています。

上記のすべての改善点を取得するために、一部のシステムには ソフトウェア・アップデート から入手可能な Mac OS X v10.6.3 補足アップデートが必要です。

ヒント:ソフトウェア・アップデートに Mac OS X v10.6.3 補足アップデートが表示されない場合、インストールの必要はありません。

注意:補足アップデートは、Mac OS X 統合アップデート v10.6.3、Build 10D573 を使って Mac OS X v10.6 からアップデートされてたシステム向けのものです。Mac OS X v10.6.1 または 10.6.2 からアップデートされたシステム、および Mac OS X 統合アップデート v10.6.3、v1.1 を使って Mac OS X v10.6 からアップデートされたシステムには必要ありません。

重要:Apple 以外の他社製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、Apple による支持または推奨を意味するものではありません。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

最終更新日: