Mac OS X:ログインしたときに自動的にサーバに接続する方法

サーバをログイン項目にすると、ログイン時に「サーバへ接続」ダイアログが表示されます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Mac OS X では、コンピュータのログイン直後に必要なログイン項目を起動して実行できます。サーバ接続をログイン項目にするには、お使いのバージョンの Mac OS X に合わせて下記の手順を行います。

注意:以下の手順に従って起動時に「サーバへ接続」ダイアログを表示したら、ユーザ名とパスワードを入力するかゲストアクセスを選択し、「接続」をクリックします。

Mac OS X v10.4、v10.5、および v10.6 の場合

  1. Finder メニューから「環境設定」を選択します。「デスクトップに表示する項目」の「接続しているサーバ」オプションを有効にします。
  2. ログイン時に自動的にマウントするサーバボリュームに接続します。
  3. システム環境設定を開きます。
  4. システム環境設定の「アカウント」パネルを選択します。
  5. 「ログイン項目」タブをクリックします。
  6. Finder のボリュームを「システム環境設定」ウィンドウの「ログイン項目」リストにドラッグします。

 

Mac OS X v10.3 の場合

  1. ログイン時に自動的にマウントするサーバボリュームに接続します。
  2. システム環境設定を開きます。
  3. システム環境設定の「アカウント」パネルを選択します。
  4. 「スタートアップ項目」タブをクリックします。
  5. Finder で「~/ライブラリ/Recent Servers」を見つけます。
  6. 「Recent Servers」フォルダのボリュームを「システム環境設定」ウィンドウの「ログイン項目」リストにドラッグします。

 

Mac OS X v10.2 の場合

    1. 「移動」メニューから「サーバへ接続」を選択します。
    2. 目的のサーバに移動して選択するか、サーバのアドレスを入力します。
    3. 「接続」をクリックします。
    4. 認証ダイアログを完了します。
    5. Finder の「移動」メニューから、「コンピュータ」を選択します。
    6. アップルメニューから「システム環境設定」を選択します。
    7. 「表示」メニューから「ログイン項目」を選択します。
    8. Finder ウィンドウのサーバアイコンを「ログイン項目」ウィンドウにドラッグします。

 

Mac OS X v10.1 の場合

    1. 「移動」メニューから「サーバへ接続」を選択します。
    2. 目的のサーバに移動して選択するか、サーバのアドレスを入力します。
    3. 「よく使う項目に追加」をクリックします。「よく使う項目」フォルダにロケーション・ファイルが作成されます。
    4. 「キャンセル」をクリックします。
    5. 「移動」メニューから、「よく使う項目」を選択します。
    6. 作成したロケーション・ファイルを見つけます。ロケーション・ファイルには、選択したサーバの名前または IP アドレスが含まれているはずです。
    7. アップルメニューから「システム環境設定」を選択します。
    8. 「表示」メニューから「ログイン」を選択します。
    9. ロケーション・ファイルを「ログイン項目」リストにドラッグします。
  • サーバにログインしたときにキーチェーンへのパスワード保存を選択すると、次回コンピュータにログインした際、お客様のユーザ名/パスワードを使って自動的に接続されます。 
  • Mac OS X v10.2.8 以前の場合、SMB および NFS サーバにこの方法を使用できません。
  • Mac OS X v10.3.9 以前の場合、この方法を使って一度に 1 つしかサーバボリュームをマウントできません。
公開日: