Java for Mac OS X 10.5 Update 6 のセキュリティコンテンツについて

Java for Mac OS X 10.5 Update 6 のセキュリティコンテンツについて説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Java for Mac OS X 10.5 Release 6 のセキュリティコンテンツについて説明します。これは、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」パネル、または サポートダウンロード からダウンロードしてインストールできます。

Apple では、ユーザ保護の観点から、徹底的な調査が完了して必要なパッチやリリースが利用可能になるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。Apple 製品のセキュリティについては「Apple 製品のセキュリティ」Web サイトを参照してください。

Apple Product Security PGP キーについて詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

CVE IDs でも、脆弱性に関する詳細な情報を参照できます。

セキュリティアップデートについて詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

Java for Mac OS X 10.5 Update 6

  • Java

    CVE-ID:CVE-2009-3869、CVE-2009-3871、CVE-2009-3875、CVE-2009-3874、CVE-2009-3728、CVE-2009-3872、CVE-2009-3868、CVE-2009-3867、CVE-2009-3884、CVE-2009-3873、CVE-2009-3877、CVE-2009-3865、CVE-2009-3866

    対象となるバージョン:Mac OS X v10.5.8、Mac OS X Server v10.5.8

    影響:Java 1.6.0_15 に複数の脆弱性がある。

    説明:Java 1.6.0_15 に複数の脆弱性があります。もっとも重大な脆弱性は、信頼されていない Java アプレットによってアクセス権が昇格される可能性があることです。悪意を持って作成された信頼されていない Java アプレットが含まれる Web ページにアクセスすると、現在のユーザの権限を使って任意のコードが実行される可能性があります。この問題は、Java バージョン 1.6.0_17 にアップデートすることによって解消されます。詳しくは、Sun 社の Java Web サイト http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/releasenotes-136954.html を参照してください。Netragard 社の Kevin Finisterre 氏の功績により、CVE-2009-3867 のテストケースをご提供いただいています。

  • Java

    CVE-ID:CVE-2009-3869、CVE-2009-3871、CVE-2009-3875、CVE-2009-3874、CVE-2009-3728、CVE-2009-3872、CVE-2009-3868、CVE-2009-3867、CVE-2009-3884、CVE-2009-3873、CVE-2009-3877

    対象となるバージョン:Mac OS X v10.5.8、Mac OS X Server v10.5.8

    影響:Java 1.5.0_20 に複数の脆弱性がある。

    説明:Java 1.5.0_20 に複数の脆弱性があります。もっとも重大な脆弱性は、信頼されていない Java アプレットによってアクセス権が昇格される可能性があることです。悪意を持って作成された信頼されていない Java アプレットが含まれる Web ページにアクセスすると、現在のユーザの権限を使って任意のコードが実行される可能性があります。この問題は、Java バージョン 1.5.0_22 にアップデートすることによって解消されます。詳しくは、Sun 社の Java Web サイト http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/ReleaseNotes.html を参照してください。

  • Java

    対象となるバージョン:Mac OS X v10.5.8、Mac OS X Server v10.5.8

    影響:Java 1.4.2_22 に複数の脆弱性がある。

    説明:Java 1.4.2_22 に複数の脆弱性があります。もっとも重大な脆弱性は、信頼されていない Java アプレットによってアクセス権が昇格される可能性があることです。悪意を持って作成された信頼されていない Java アプレットが含まれる Web ページにアクセスすると、現在のユーザの権限を使って任意のコードが実行される可能性があります。この問題は、Java バージョン 1.4.2 を無効にすることによって解消されます。

  • Java

    CVE-ID:CVE-2009-2843

    対象となるバージョン:Mac OS X v10.5.8、Mac OS X Server v10.5.8

    影響:Java アプレットの期限切れの証明書が有効扱いされる。

    説明:Java アプレットの期限切れの証明書が有効扱いされます。この問題は、期限切れの証明書の扱い方を改良することにより解消されます。この問題の報告は、チューリヒ工科大学の Simon Heimlicher 氏の功績によるものです。

重要:他社の Web サイトや製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、支持または推奨を意味するものではありません。Apple は、他社の Web サイトに掲載されている情報または製品の選択、性能、使用については、一切責任を負いません。Apple は、これらの情報を、ユーザの利便性を考慮して提供しているに過ぎません。Apple では、これらのサイトに掲載されている情報の評価を行っておらず、その正確性または信頼性についてはいかなる言及もいたしません。インターネット上のあらゆる情報または製品の使用には本来リスクが伴うものであり、この点について Apple はいかなる責任も負わないものとします。他社のサイトは Apple とは無関係であり、他社の Web サイトの内容を Apple が管理しているわけではないことをご理解ください。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

公開日: