Server Admin Tools 10.6.8 について

Server Admin Tools 10.6.8 には、サーバ以外の Mac にインストールできるリモート管理ツール、ドキュメンテーション、およびユーティリティなどが含まれています。このバージョンのインストールには Mac OS X v10.6.8 が必要であり、Mac OS X Server v10.6.8 をリモートで管理するために必要です。

Server Admin Tools 10.6.8 は、Server Admin Tools バージョン 10.6 以降をすでにインストールしている Mac OS X v10.6.8 が稼働している Mac では「ソフトウェア・アップデート」で自動的に更新できます。また、サポートダウンロード から手動でダウンロードできます。

重要:Server Admin Tools を元の場所 (/アプリケーション/サーバ/ 内) からほかの場所に移動した場合、すでにインストールしていてもアップデートが「ソフトウェア・アップデート」に引き続き表示される場合があります。「ソフトウェア・アップデート」を使う前に Server Admin Tools を元の場所に戻すか、Server Admin Tools の重複したコピーを削除してください。

アップデートの内容

Server Admin Tools 10.6.8 には、Mac OS X Server v10.6 Snow Leopard の Server Admin Tools のこれまでのアップデートに含まれていたすべての改善点が含まれています。すべての改善点のリストは以下の通りです。以前に導入された項目も記載されています。

サーバ管理

  • 以前のアップデートが「ソフトウェア・アップデート」サービスで適切に有効化されるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.8)
  • iMac (Early/Mid 2011) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.8)
  • MacBook Pro (Early 2011) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.7)
  • シリアル番号が 12 文字のサーバに関し、ハードウェアの完全なシリアル番号がすべて表示されるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.7)
  • リモートサーバ設定の際に、「サーバ管理」から「サーバアシスタント」を確実に起動できるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.5)
  • Mac mini (Mid 2010)、iMac (Mid 2010)、Mac Pro (Mid 2010)、および MacBook Air (Late 2010) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.5)
  • 「サーバ管理」で DHCP サブネットを作成する際に、DNS 検索ドメインのフィールドにダッシュ (ハイフン) を入力できるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.5)
  • 「サーバ管理」でプリントキューを監視する際のメモリ使用量が削減されました。(Server Admin Tools 10.6.5)
  • MacBook (13-inch、Mid 2010) および MacBook Pro (Mid 2010) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.4)
  • IPv6 ネットワーク上のサーバ管理の遅延を解消しました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • 「クオータ超過のエラーメッセージを編集」ボタンがメールサービスに対して常に有効になりました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • DHCP サービスをまず停止しなくても、NetBoot サービスを停止するできるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • クライアントの MAC アドレスによるイメージごとの NetBoot/NetInstall フィルタが機能するようになりました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • iMac (27-inch、Late 2009) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • 「サーバ管理」アプリケーションの安定度が向上しています。(Server Admin Tools 10.6.2)
  • 2009 年 10 月に発表された Mac 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されています。(Server Admin Tools 10.6.2)
  • Netboot サービスの概要を表示しているときに DHCP サービスの状態が正しく報告されるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.2)
  • 「サーバ管理」のサーバアップデートが、認証された Web プロキシから確認されているときに、キャッシュファイルが増大することがある問題が修正されました。(Server Admin Tools 10.6.2)
     

サーバアシスタント

  • 設定中の LOM パスワードの長さの条件が強化されました (8 文字以上、20 文字以内)。(Server Admin Tools 10.6.2)
     

サーバ環境設定

  • ユーザとグループの作成/削除など、「サーバ環境設定」全般の操作性と信頼性が向上しています。(Server Admin Tools 10.6.2)
  • 「サーバ環境設定」でファイル共有のゲストアクセス有効になっている場合、適切に許可されるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.2)


システムイメージユーティリティ

  • iMac (Early/Mid 2011) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.8)
  • NetRestore イメージ作成時の問題を修正しました。これにより、ソースイメージに Mac OS X v10.6.7 が必要になっています。(Server Admin Tools 10.6.7) こちらの記事 に重要な情報が記載されています。
  • MacBook Pro (Early 2011) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.7)
  • Mac mini (Mid 2010)、iMac (Mid 2010)、Mac Pro (Mid 2010)、および MacBook Air (Late 2010) 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.5)
  • 「システム構成の設定を適用」カスタムワークフローが修正されました。(Server Admin Tools 10.6.5)
  • MacBook (13-inch、Mid 2010) および MacBook Pro (Mid 2010) 用の機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.4)
  • ボリュームから NetRestore イメージを作成すると「カタログファイルの断片化が進みすぎて復元できません。」というメッセージが表示されるという問題が修正されています。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • 「パッケージとインストール後スクリプトを追加」タスクを使うと、追加するパッケージとスクリプトの順序を指定できるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • 以前は新しいディスクイメージの作成中にマウント解除できなかった iTunes のようなパッケージを含む NetRestore イメージを作成できるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • 優先する言語が英語以外のとき、「パッケージの選択項目をカスタマイズ」ワークフローが機能するようになりました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • iMac (27-inch、Late 2009) 用の機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • 「ソフトウェア・アップデート」およびその他のインストールパッケージを NetInstall ワークフローに追加する機能が向上しています。(Server Admin Tools 10.6.3* 下の注意参照)
  • NetRestore イメージの自動インストールを有効にすることができるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.3* 下の注意参照)
  • NetInstall イメージから作成されたシステムが Open Directory サーバに接続すると「このクライアントコンピュータはすでにサーバ上に存在します」という警告を表示するという問題が修正されています。詳しくは、こちらの記事 を参照してください。(Server Admin Tools 10.6.3* 下の注意参照)
  • 「システム構成の設定を適用」タスクを使ってカスタムシステム名を設定する際の問題が修正されています。(Server Admin Tools 10.6.3* 下の注意参照)
  • NetInstall イメージの自動インストールを有効にすると、「ボリューム:ユーザが選択」オプションが設定されている場合、クライアントがどのボリュームをインストールするか正常に選択できるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.3* 下の注意参照)
  • 2009 年 10 月に導入された Mac 用の機種フィルタが追加されました。(Server Admin Tools 10.6.2)

* 注意:これらの改善点をご活用いただくには、10.6.3 以降のソースボリュームからイメージを作成する必要があります。


ワークグループマネージャ

  • ほかのユーザ名を追加したり、編集したりすると、メインのユーザ名が変更されるという問題が修正されています。(Server Admin Tools 10.6.3)
  • Snow Leopard Server 上にピリオド (''.'') が含まれるユーザ名のユーザを作成できないという、Mac OS X Server v10.6.1 のユーザインターフェイスの問題が解決されています。(Server Admin Tools 10.6.2)
  • Snow Leopard Server 上でのユーザの作成時に不正なオプションが表示されるという、Mac OS X Server v10.6.1 のユーザインターフェイスの問題が解決されています。(Server Admin Tools 10.6.2)
     

Xgrid Admin

  • Mac OS X Server v10.5 Leopard Xgrid コントローラに接続できるようになりました。(Server Admin Tools 10.6.2)

 

公開日: