iMac (Early 2009):メモリの仕様

お使いの iMac (Early 2009) コンピュータに装着できるメモリの種類を説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

iMac (Early 2009) コンピュータは、本体底部に SDRAM スロットを 2 基搭載しており、合計 2 GB 以上の DDR3 SDRAM (各スロットに 1 GB 以上ずつの DIMM) が装着されています。

このコンピュータに装着可能な RAM の最大容量は 8 GB (各スロットに 4 GB ずつの SO-DIMM) となっています。

以下のすべての条件を満たした任意の SO-DIMM (Small-Outline Dual Inline Memory Modules) を装着可能です。

  • PC3-8500
  • バッファなし
  • パリティなし
  • 204 ピン
  • 1066 MHz
  • DDR3 SDRAM

各スロットには、1 GB、2 GB、または 4 GB の RAM モジュールを装着できます。

iMac (Early 2009) コンピュータは、以下の機能を 1 つでも持つ DIMM には対応していません。

  • レジスタまたはバッファ
  • PLL
  • ECC
  • パリティ
  • EDO RAM

メモリの取り付けの際は、常に交換の手順にそってください。アップグレード指示にリストされていないネジは絶対に外さないでください。

iMac (Early 2009) のメモリアップグレードについて詳しくは、「iMac (Mid 2007) and later:メモリの取り付け/交換方法」を参照してください。

公開日: