Xsan 2.2:「Xsan Admin」に「検索方式が正しくありません」と表示される

「Xsan Admin」2.2 では、Xsan ノードでのディレクトリサービスの検索方式が変更された際に、「検索方式が正しくありません」というメッセージが表示される場合があります。

Xsan でユーザを管理している場合、または「サーバアシスタント」で既存の Open Directory ドメインに接続するようにしている場合は、「Xsan Admin」が各 Xsan ノードでのディレクトリサービスの検索方式を監視します。上記の 2 つの場合は、「Xsan Admin」でコンピュータに追加したサーバのみを含むため、「Xsan Admin」は各ノードの検索方式を要求します。

この検索方式を修正するには、メッセージにポインタを合わせてツールチップを表示させます。 このツールチップには、コンピュータの検索方式に含まれるまたは見つからないディレクトリドメインが表示されます。

Mac OS X v10.5.8 クライアントまたはサーバ

Mac OS X v10.5.8 または Mac OS X Server v10.5.8 がインストールされているコンピュータでは、「ディレクトリユーティリティ」を使ってディレクトリサービスの検索方式を変更することができます。

必要に応じて、検索方式にディレクトリドメインを追加または削除します。


Mac OS X v10.6 クライアントまたはサーバ

Mac OS X v10.6 または Mac OS X Server v10.6 がインストールされているコンピュータでは、以下の方法で検索方式を変更することができます。

  1. システム環境設定で「アカウント」を選択します。
  2. 「ログインオプション」をクリックします。
  3. 「ネットワークアカウントサーバ」の横の「編集」をクリックします。
  4. 必要に応じて、検索方式にディレクトリドメインを追加または削除します。

すべての Xsan ノードでは、同じ検索方式を維持する必要があります。Xsan ノードの検索方式が異なる場合は、ユーザが Xsan ボリューム上のファイルにアクセスまたは編集する際に問題が発生したり、アクセス権のないユーザがアクセス制限されているデータにアクセス可能になったりします。

公開日: