Mac OS X Server v10.6.2 のアップデートについて

このソフトウェアは Mac OS X Server のバージョン 10.6 または 10.6.1 を 10.6.2 にアップデートします。

重要:インストール前にお読みください。

  • インストールの処理を中断しないように注意してください。停電などの理由でインストールが中断された場合は、サポートダウンロード ページから単体インストーラ (下記参照) をダウンロードし、アップデートをインストールしてください。
  • Mac OS X Server v10.6.2 のアップデートを行うと、/etc/rc.server ファイルが上書きされます。当該ファイルに対して以前に変更を行っている場合は、アップデートの前にバックアップコピーを作成してください。カスタム sysctl 設定は、/etc/rc.server ではなく /etc/sysctl.conf に構成する必要があります。詳しくは、man rc.server および /etc/sysctl.conf.default ファイルを参照してください。
  • システムソフトウェアに変更を加えるような他社製のソフトウェアがインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムを変更した場合は、予期しない結果になることがあります。(一般的なアプリケーションソフトウェアがインストールされている場合、この注意事項は適用されません。)
  • このアップデートは、起動ボリューム以外のボリュームにインストールできますが、現在の起動ボリュームが Mac OS X Server v10.6.2 にアップデート済みである場合にのみ行ってください。不適切なインストールによる問題を回避するには、アップデートするボリュームから起動するのが最も簡単な方法です。


インストール

Mac OS X Server バージョン 10.6.2 にアップデートするには、次の 3 通りの方法があります。

  • 「ソフトウェア・アップデート」を使う
  • 単体インストーラからインストールする
  • 「サーバ管理」または softwareupdate コマンドラインユーティリティを使って、リモートサーバにインストールする

「ソフトウェア・アップデート」でのインストール

ソフトウェア・アップデート」に、この記事へのリンクが含まれている場合があります。他のアップデートの前提条件になっているアップデートもあるため、提供されているすべてのアップデートを入手するために「ソフトウェア・アップデート」を複数回使用しなければならないことがあります。

単体インストーラ

アップデートを手動でダウンロードおよびインストールする場合は、サポートダウンロード からインストーラを入手できます。これは複数のコンピュータをアップデートする必要があるが、必要なアップデートのダウンロードを 1 度で済ませたい場合に便利なオプションです。

リモートインストール

リモートサーバにアップデートをインストールする必要がある場合は、「サーバ管理」アプリケーション、または softwareupdate コマンドラインツールを使って、リモートサーバにアップデートをインストールできます。


アップデートの内容

このアップデートには Mac OS X Server バージョン 10.6.1 のアップデートで提供される改善事項に加え、次のような機能改善が含まれています。

注意:AFP クライアント、クライアント管理、ディレクトリサービス (クライアント)、およびモバイルアカウントに関する機能向上は、Mac OS X バージョン 10.6.2 のアップデート(クライアントアップデート)で提供されますが、参照しやすいようにこの記事で説明します。別の AFP サーバやディレクトリサーバのクライアントとしてサーバが使用される場合、AFP クライアントとディレクトリサービス (クライアント) の機能向上は Mac OS X Server バージョン 10.6.2 にも適用されます。

AFP クライアント

  • 他社製 AFP サーバと Mac OS 9 パーソナルファイル共有との互換性が向上しています。
  • Kerberos 認証利用時の AFP サーバへの接続速度が向上しました。

カレンダーサービス

  • サーバがインディアナ/インディアナポリスの時間帯になっているときに Web カレンダーインターフェイスが正常に機能するようになりました。

クライアント管理

  • 管理されているクライアントでサーバボリュームへの Time Machine バックアップを実行できないことがあるというキーチェーンの問題が解決されました。
  • Time Machine の環境設定が管理されている場合に、システムファイルをバックアップするためのオプションが適切に動作するようになりました。
  • 環境設定の管理によって、Exposé へのアクセスを制御できるようになりました。詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

ディレクトリサービス (クライアント)

  • Active Directory ユーザのモバイルアカウントの作成処理が改善されています。
  • 認証済みの Open Directory へのバインド利用時における sudo コマンドの問題が解決されました。
  • スマートカード認証機能が向上しました。

メールサービス

  • Mac OS X v10.4 または 10.5 からアップデートされたサーバ上のメールサービスの信頼度が向上しています。
  • ユーザ名に拡張 ASCII 文字 (å、é、ø など) が含まれているユーザが、サーバ上でメール・ルールおよび休暇の通知を設定できるようになりました。
  • メールサービスが SSL 暗号化用の連鎖証明書に対応するようになりました。
  • メールのクラスタリングの信頼性が向上しました。

モバイルアカウント

  • モバイルアカウントを持つユーザのホームディレクトリ同期の信頼度が向上しています。
  • Active Directory ユーザのモバイルアカウントの作成処理が改善されています。

Open Directory サービス

  • Open Directory アーカイブからの復元時におけるキーチェーンのエラーが解決されました。

Podcast プロデューサー

  • ユーザのブログまたはグループ wiki に公開された Podcast が iTunes の RSS 登録に表示されるようになりました。
  • 外付けビデオカメラでデュアルソースの収録をしているときに「Podcast キャプチャ」にプレビューが正しく表示されるようになりました。
  • 「Podcast Composer」で「.local」や「.private」などの長い名前を持つドメインのユーザ宛てに送信される通知のワークフローを作成できるようになりました。
  • podcast --listcatalogs」コマンドが正常に機能するようになりました。

セキュアログインサービス

  • ユーザが SSH を介してサーバへ接続するときに当該ユーザのネットワークのホームディレクトリがマウント解除される問題に対処しています。詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

サーバ構成

  • /etc/sysctl.conf ファイル内の命令は、/etc/rc.server ファイル内の命令の後に処理されるようになりました。

ソフトウェア・アップデート・サービス

  • 名前に空白文字を含むボリューム上にアップデートが保存されるときに、サービスが機能するようになりました。
  • ユーザの帯域幅制限が正しく適用されるようになりました。

Web サービス

  • scgi_pubsub_module が有効になっているときの Web サービスの安定度が向上しています。

サーバ管理

  • 「サーバ管理」アプリケーションの安定度が向上しています。
  • 2009 年 10 月に発表された Mac 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されています。
  • Netboot サービスの概要を表示しているときに DHCP サービスの状態が正しく報告されるようになりました。
  • 「サーバ管理」のサーバアップデートが、認証された Web プロキシから確認されているときに、キャッシュファイルが増大することがある問題が修正されました。

サーバ環境設定

  • ユーザとグループの作成/削除など、「サーバ環境設定」全般の操作性と信頼性が向上しています。
  • 「サーバ環境設定」でファイル共有のゲストアクセス有効になっている場合、適切に許可されるようになりました。

システムイメージユーティリティ

  • 2009 年 10 月に発表された Mac 用の NetBoot/NetInstall 機種フィルタが追加されています。

ワークグループマネージャ

  • Snow Leopard Server 上にピリオド (".") が含まれるユーザ名のユーザを作成できないという、Mac OS X Server v10.6.1 のユーザインターフェイスの問題が解決されています。
  • Snow Leopard Server 上でのユーザの作成時に不正なオプションが表示されるという、Mac OS X Server v10.6.1 のユーザインターフェイスの問題が解決されています。

Xgrid Admin

  • Mac OS X Server v10.5 Leopard Xgrid コントローラに接続できるようになりました。

そのほかの改善事項

  • Mac OS X Server のセキュリティが向上しました。Mac OS X Server v10.6.2 のセキュリティコンテンツの詳細については、こちらの記事 を参照してください。
  • Mac OS X Server v10.6.2 には、クライアントの Mac OS X v10.6.2 アップデート で提供されるその他のすべての改善事項も含まれます。

 

公開日: