Mac OS X Server v10.6.1 のアップデートについて

このソフトウェアでは Mac OS X Server v10.6 を v10.6.1 にアップデートします。

重要:インストール前にお読みください。

  • インストールの処理を中断しないように注意してください。停電などの理由でインストールが中断された場合は、サポートダウンロード ページから単体インストーラ (下記参照) をダウンロードし、アップデートをインストールしてください。
  • システムソフトウェアに変更を加えるような他社製のソフトウェアがインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムを変更した場合は、予期しない結果になることがあります。(一般的なアプリケーションソフトウェアがインストールされている場合、この注意事項は適用されません。)
  • このアップデートは、起動ボリューム以外のボリュームにインストールできますが、現在の起動ボリュームが Mac OS X Server バージョン 10.6.1 にアップデート済みである場合に限り行ってください。不適切なインストールによる問題を回避するには、アップデートするボリュームから起動するのが最も簡単な方法です。


インストール

Mac OS X Server バージョン 10.6.1 にアップデートするには、次の 3 通りの方法があります。

  • 「ソフトウェア・アップデート」を使う
  • 単体インストーラからインストールする
  • 「サーバ管理」または softwareupdate コマンドラインユーティリティを使って、リモートサーバにインストールする

「ソフトウェア・アップデート」でのインストール

ソフトウェア・アップデート」に、この記事へのリンクが含まれている場合があります。他のアップデートの前提条件になっているアップデートもあるため、提供されているすべてのアップデートを入手するために「ソフトウェア・アップデート」を複数回使用しなければならないことがあります。
 

単体インストーラ

アップデートを手動でダウンロードおよびインストールする場合は、サポートダウンロード からインストーラを入手できます。これは複数のコンピュータをアップデートする必要があるが、必要なアップデートのダウンロードを 1 度で済ませたい場合に便利なオプションです。


リモートインストール

リモートサーバにアップデートをインストールする必要がある場合は、「サーバ管理」アプリケーション、または softwareupdate コマンドラインツールを使って、リモートサーバにアップデートをインストールできます。


アップデートの内容

  • 複数のネットワークインターフェイスがあるサーバ上で、使用中のシリアル番号が 「サーバ管理」または「サーバアシスタント」によって重複していると報告されることがあるという問題が解決されました。
  • Grand Central Dispatch を使用するサービスの信頼度が向上しました。
  • Mac OS X Server のセキュリティが向上しました。Mac OS X Server v10.6.1 のセキュリティコンテンツの詳細については、こちらの記事 を参照してください。
  • Mac OS X Server v10.6.1 には、クライアントの Mac OS X v10.6.1 アップデート で提供されるその他のすべての改善事項も含まれます。
公開日: