Mac OS X Server v10.6:プッシュ通知サーバで SSL 証明書を有効にする方法

プッシュ通知サーバで Mac OS X Server v10.6 の SSL 証明書を使えるように設定するには、サーバとクライアントの両方で各種の設定手順を実行する必要があります。

まずは、プッシュ通知サービスを実行しているサーバ上で、以下の手順を実行します。

  1. 「サーバ管理」ユーティリティで、「iChat」をクリックしてチャットサービスの「SSL 証明書」ポップアップにアクセスします。
  2. SSL を有効にするために適切な証明書を選択します。
  3. 「プッシュ通知」サービスをクリックし、サービスが実行中の場合は「プッシュ通知 を停止」をクリックします。
  4. サービスが停止するまで待ち、「プッシュ通知 を開始」をクリックします。

次に、プッシュ通知サービスで SSL を必要とする各クライアントコンピュータで、以下の手順を実行します。

  1. 「ターミナル」を開き、次のコマンドを実行します。

notificationconf usessl <サーバ名>

注意:これは、ユーザアカウント毎に設定するコマンドです。クライアントの Mac では、ユーザアカウント毎にこれを実行する必要があります。


管理された環境設定での設定

上記のコマンドを実行した後は、「ワークグループマネージャ」の環境設定エディタで設定済みの設定ファイルを読み込み、管理された環境設定で別のユーザに適用することができます。読み込む設定ファイルは、以下のファイルです。

~/ライブラリ/Preferences/com.apple.NSServerNotificationCenter.plist

キーは「UseSSL」です。環境設定エディタで環境設定を管理する方法の詳細は、「User Management Admin Guide」を参照してください。

公開日: