Mac OS X Server:Web サイトの access.log フォーマットの設定

個々のサイトのアクセスログを /var/log/apache2/access.log でモニタする場合、追加情報を収集するためにフォーマット文字列を変更しなければならないことがあります。

Mac OS X Server 10.5

1.「サーバ管理」で「Web」サービス>「サイト」の順に選択します。

2. アクセスログのフォーマットを変更するサイトを選択し、「ログ」タブを選択します。

3. 「フォーマット文字列」ウィンドウに目的の字列を入力し、設定を保存します。 

Mac OS X Server 10.6

1. /etc/apache2/sites/your_site.conf をテキストエディタで開きます。

2.「CustomLog」の行を見つけて、「"/var/log/apache2/access_log"」の後の文字列を編集します。

3. 文字列が引用符 (") で囲まれているか確認してからファイルを保存します。

よく使われるフォーマット文字列は

Common

%h %l %u %t "%r" %>s %b 

バーチャルホスト付き Common Log Format


%v %h %l %u %t "%r" %>s %b

Combined

%h %l %u %t "%r" %>s %b "%{REFERER}i" "%{User-Agent}i"

Referer

%{REFERER}i -> %U

Agent

%{User-agent}i

Mac OS X Server v10.5 で「フォーマット」ポップアップメニューを選択すると、「フォーマット文字列」ウィンドウの情報がすべてクリアされます。ウィンドウの左下にある「元に戻す」ボタンをクリックすると、最後に保存されたフォーマット文字列が復元されます。

文字列のオプションに関するその他の文書については、Apache mod_log_config のサイト (http://httpd.apache.org/docs/2.0/mod/mod_log_config.html) を参照してください。

公開日: