Mac OS X Server:Web サイトの access.log フォーマットの設定

個々のサイトのアクセスログを /var/log/apache2/access.log でモニタする場合、追加情報を収集するためにフォーマット文字列を変更しなければならないことがあります。

Mac OS X Server 10.5

1.「サーバ管理」で「Web」サービス>「サイト」の順に選択します。

2. アクセスログのフォーマットを変更するサイトを選択し、「ログ」タブを選択します。

3. 「フォーマット文字列」ウィンドウに目的の字列を入力し、設定を保存します。 

Mac OS X Server 10.6

1. /etc/apache2/sites/your_site.conf をテキストエディタで開きます。

2.「CustomLog」の行を見つけて、「"/var/log/apache2/access_log"」の後の文字列を編集します。

3. 文字列が引用符 (") で囲まれているか確認してからファイルを保存します。

よく使われるフォーマット文字列は

Common

%h %l %u %t "%r" %>s %b 

バーチャルホスト付き Common Log Format


%v %h %l %u %t "%r" %>s %b

Combined

%h %l %u %t "%r" %>s %b "%{REFERER}i" "%{User-Agent}i"

Referer

%{REFERER}i -> %U

Agent

%{User-agent}i

Mac OS X Server v10.5 で「フォーマット」ポップアップメニューを選択すると、「フォーマット文字列」ウィンドウの情報がすべてクリアされます。ウィンドウの左下にある「元に戻す」ボタンをクリックすると、最後に保存されたフォーマット文字列が復元されます。

文字列のオプションに関するその他の文書については、Apache mod_log_config のサイト (http://httpd.apache.org/docs/2.0/mod/mod_log_config.html) を参照してください。

重要:他社の Web サイトや製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、支持または推奨を意味するものではありません。Apple は、他社の Web サイトに掲載されている情報または製品の選択、性能、使用については、一切責任を負いません。Apple は、これらの情報を、ユーザの利便性を考慮して提供しているに過ぎません。Apple では、これらのサイトに掲載されている情報の評価を行っておらず、その正確性または信頼性についてはいかなる言及もいたしません。インターネット上のあらゆる情報または製品の使用には本来リスクが伴うものであり、この点について Apple はいかなる責任も負わないものとします。他社のサイトは Apple とは無関係であり、他社の Web サイトの内容を Apple が管理しているわけではないことをご理解ください。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

公開日: