アップルコンピュータには、コンピュータの電源が入っていなくても FireWire ポート経由で電源を供給するものがある

アップルコンピュータの多くは、コンピュータの電源が入っていないまたはスリープ状態でも FireWire ポート経由で電源を供給します。これは正常な状態です。この機能により以下のことができます。

  • コンピュータの電源が入っていないまたはスリープ状態でも FireWire ベースの iPod の充電を続けることができる
  • バスパワー型の FireWire ドライブを起動ボリュームとして使用できる
  • コンピュータがコンセントに差し込まれた状態で電源が入っていなくても、電源を必要とするその他の機能を使用できる

 

この機能を提供するコンピュータは以下の通りです。

  • Power Mac G5 (Late 2005)
  • iMac G5 (Ambient Light Sensor) および iMac G5 のそれ以降の機種
  • iMac (Early 2006) および Intel ベースの iMac のそれ以降の機種
  • Mac mini (すべての機種)
  • PowerBook G4 (1GHz/867MHz) および PowerBook G4 のそれ以降の機種 注意」を参照
  • MacBook Pro (すべての機種) 注意」を参照
  • MacBook(すべての機種) 注意」を参照
  • iBook G4 (すべての機種) 注意」を参照
  • Mac Pro (Early 2008)、Mac Pro (Early 2009)

注意:ノートブックコンピュータの場合、コンピュータを AC 電源に接続すると FireWire 経由でのみ電源が供給されます。コンピュータをバッテリー電源で実行している場合、この機能を無効することにより電源消費を節約します。

公開日: