Mac OS X Server:プリントサーバキューの管理された環境設定を行う

管理された環境設定を使用してユーザのプリンタリストを定義し、Mac OS X Server のプリントサービスを使用して、同じサーバ上のプリントキューのホスト処理を行っている場合、管理されたユーザがプリントサービスキューに必ず書き込むようにするには、以下の手順を実行します。この記事は、Mac OS X Server v10.4 以降が対象です。

サーバ上で「サーバ管理」を使ってプリントサービスキューを設定していても、そのサーバ以外のコンピュータで「ワークグループマネージャ」の管理されたプリント設定を行う必要があります。これを行わないと、管理されたクライアントは、サーバがホスト処理しているプリントキューに書き込まずに、ターゲットのプリンタに直接プリントします。

  1. プリントサービス管理ガイドの手順に従って、サーバにプリントサービスキューを設定します。
  2. ワークステーション上のサーバに合わせて、サーバ管理ツールをインストールします。
  3. ワークステーションで、サーバ上の適切なキューに書き込むように設定します。ヒント:IPP または LPR を使用している場合、プリンタではなくプリントサーバに接続していることを確認するために、サーバのホスト名はブラウズしないで手動で入力するようにしてください。
  4. ユーザ管理ガイドの手順に従って、同じワークステーション上で「ワークグループマネージャ」を開き、管理されたプリント設定を行います。
公開日: