Xsan 2:「Xsan Admin」を起動すると「Xsan 設定アシスタント」が表示される

「Xsan Admin」を起動するたびに「Xsan 設定アシスタント」が表示されることがあります。すでに SAN の構成を設定している場合、または既存の SAN に以前接続していた場合は、この記事の指示にそって操作を進めることにより、設定アシスタントを表示しないようにすることができます。

「Xsan Admin」を起動するたびに「Xsan 設定アシスタント」を表示しないようにするには、次の方法のいずれかを使います。 

  • 「Xsan Admin」を終了するまでは「Xsan Admin」のウィンドウを開いたままにします。次回「Xsan Admin」を開くと、同じウィンドウが表示されます。

    または
     
  • 「Xsan Admin」の「ファイル」メニューから「別名で保存」を選択して SAN の構成を保存します。次回「Xsan Admin」を開く際に保存したファイルをダブルクリックすると、同じウィンドウが表示されます。複数の SAN を管理している場合は、それぞれの構成を上述の方法で保存できます。「Xsan Admin」でこのファイルを開いた後は、「Xsan Admin」の「ファイル」メニューにある「最近使った項目を開く」サブメニューから開くこともできます。

    注意
    :SAN に Mac Pro (Early 2009) または Xserve (Early 2009) が含まれている場合、Xsan 2.1.1 で SAN 設定ファイルを保存することはできません
公開日: