Power Macintosh G3 (Blue and White) : メモリの仕様と最大搭載容量

Power Macintosh G3 (Blue and White) でサポートされているメモリの最大搭載容量と仕様を教えてください。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ロジックボードには4つの PC-100 DIMM スロットがあり、それぞれ最大 256MB の DIMM をサポートしているので、合計 1GB のメモリを搭載することができます。

ロジックボードでは JEDEC 標準規格 168 ピン SDRAM DIMM を使用しており、仕様は、64 ビットバス、パリティなし、168 ピン、3.3V 駆動、バッファなし、PC-100 準拠、リフレッシュレート 8ns です。

注意:レ ジスタまたはバッファ付き DIMM、PLL 付きの DIMM、EDO RAM を使用した DIMM 等は、Power Macintosh G3 (Blue and White) ではサポートされていません。またサポートされている SDRAM DIMM カードの高さは最高で2インチまでです。DIMM としてサポートされているチップ数は、SDRAM チップが最高 16 個までです。

Power Macintosh G3 (Blue and White) のメインロジックボード上には、ハンダ付けされているメモリはのっていません。従って 4 つの DIMM スロットが全て空き状態ではコンピュータは動作しません。その場合は、単一周波数の警告音が鳴り、メモリが搭載されてないことを知らせます。

SDRAM DIMM は一度に1個でも、また複数でも取り付けることが可能です。メモリインターリーブ機能は搭載されていませんので、同じ容量の DIMM が2つ設置されている場合でもパフォーマンスの向上はありません。サポートされているサイズの DIMM であれば、どの DIMM スロットに取り付けることも可能です。取り付けられたすべての DIMM のメモリの合計が、全体のメモリとして構成されます。

公開日: