Apple Qmaster: 環境設定を設定するためにシェルコマンドを使用する方法

(この情報は、こちらの記事を翻訳したものです。日本での使用環境、状況とは異なる場合があります。)

「ターミナル」シェルから作業するのに慣れていて、コマンドラインから「Apple Qmaster」を動作させる必要がある、または希望する場合、「Apple Qmaster」分散処理システムはサービスノードやクラスタコントローラの設定、ジョブの送信、バッチのモニタリング用に、数多くのシェルコマンドを提 供します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

例えば、「システム環境設定」で「Apple Qmaster」パネルを使用する代わりに、コマンド qmasterprefs を使用して、サービスノードやクラスタ制御サービスを有効/無効に設定することができます。qmasterprefs コマンドを使用する場合、実際の設定が正しくて動作する場合でも、結果としての設定が「システム環境設定」の「Apple Qmaster」パネルを正確に反映していない場合があることに注意してください。「アクティビティモニタ」を使って、実際の設定を確認することができま す。

“分散処理設定ガイド”の Appendix で、これらのコマンドライン機能の使用方法について詳しく学習することができます。「Apple Qmaster」は「DVD Studio Pro 4」、「Shake 4」、「Final Cut Studio」からインストールすることができます。

公開日: