Power Macintosh Computers: 使用できるマイクロフォン

Power Macintosh コンピュータではどのような種類のマイクロフォンを使用することができますか?

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Power Macintosh および Performa 6x00、5x00 シリーズ
(6200/6300/6400/6500/5200/5300/5400/5500)

サウンド入力ポートは、ライン入力の信号に対応しています。これらのコンピュータには、アップル社の PlainTalk マイクロフォンが付属しています。これはライン入力に対応した装置で、アップル社の以前のマイクロフォンよりもコネクタ部分が長く、コンピュータから電力 が供給されます。これらのコンピュータのサウンド入力ポートには、ライン入力に対応した市販の装置を接続してご使用いただくこともできます。

これらのコンピュータに Apple Video System が搭載されている場合は、RCA 入力ポートも装備されています。

Power Macintosh 6100、7100、および 8100 シリーズ

初代 Power Macintosh コンピュータ(6100、7100、および 8100 シリーズ)のサウンド入力ポートは、ライン入力の信号に対応していました。これらのコンピュータには、アップル社の PlainTalk マイクロフォンが付属しています。これはライン入力に対応した装置で、アップル社の以前のマイクロフォンよりもコネクタ部分が長く、コンピュータから電力 が供給されます。これらのコンピュータのサウンド入力ポートには、ライン入力に対応した市販の装置を接続してご使用いただくこともできます。

Power Macintosh 7200 シリーズ

Power Macintosh 7200 シリーズには、アップル社の「Sound Input Amplification」という機能拡張ファイルが用意されています。これは、内蔵ハードディスクまたはシステム CD-ROM 内にある「Apple エクストラ」フォルダからインストールできます。この機能拡張ファイルは、「サウンド」コントロールパネルを修正し、“amplification” メニュー項目を追加します。“amplification” を使用すると、サウンド入力が 25 dB 増幅し、一部の他社製の mic レベルのマイクロフォンを Power Macintosh 7200 で利用できるようになります。Apple PlainTalk マイクロフォンを利用する場合は、“amplification”設定をデフォルト設定のままにしてください。これは、このマイクロフォンには前置増幅器 が内蔵されており、ラインレベルで音を生成するためです。mic レベルの装置のすべてが「Sound Input Amplification」機能拡張ファイルで利用できるとはかぎりません。

Power Macintosh 7500、7600、8500 および 8600 シリーズ

Power Macintosh 7500, 7600, 8500 および 8600 シリーズでは、現在 PlainTalk マイクロフォンのようなライン入力の装置だけがご利用いただけます。また、標準的なオーディオ/ビデオ機器に簡単に接続できるラインレベルの RCA コネクタを使用したステレオ接続にも対応しています。

Power Macintosh 9500 および 9600 シリーズ

サウンド入力ポートは、ライン入力の信号に対応しています。これらのコンピュータには、アップル社の PlainTalk マイクロフォンが付属しています。これはライン入力に対応した装置で、アップル社の以前のマイクロフォンよりもコネクタ部分が長く、コンピュータから電力 が供給されます。市販のライン入力に対応した装置も、これらのコンピュータのサウンド入力ポートに接続してご使用いただけます。

Power Macintosh G3

サウンド入力ポートはライン入力の信号に対応しています。これらのコンピュータには、アップル社の PlainTalk マイクロフォンが付属しています。これはライン入力に対応した装置で、アップル社の以前のマイクロフォンよりもコネクタ部分が長く、コンピュータから電力 が供給されます。市販のライン入力に対応した装置も、これらのコンピュータのサウンド入力ポートに接続してご使用いただけます。

Power Macintosh G3 の AV モデルには、ラインレベルの入力ができる RCA 入力ポートも搭載されています。

Power Macintosh G3 (Blue and White)

サウンド入力ポートはライン入力の信号に対応しています。これらのコンピュータには、アップル社の PlainTalk マイクロフォンが付属しています。これはライン入力に対応した装置で、アップル社の以前のマイクロフォンよりもコネクタ部分が長く、コンピュータから電力 が供給されます。市販のライン入力に対応した装置も、これらのコンピュータのサウンド入力ポートに接続してご使用いただけます。

Power Mac G4(AGP および PCI)

サウンド入力ポートはライン入力の信号に対応しています。これらのコンピュータのアクセサリーキットにはマイクロフォンは含まれておりません。なお、現在 では PlainTalk マイクロフォンキットを Apple Store でお求めいただくことができます。これはライン入力に対応した装置で、アップル社の以前のマイクロフォンよりもコネクタ部分が長く、コンピュータから電力 が供給されます。市販のライン入力に対応した装置も、これらのコンピュータのサウンド入力ポートに接続してご使用いただけます。USB マイクロフォンについては、まだ多数の製品が発売されておりませんが、これらのマイクロフォンもご使用いただけます。

公開日: