Xserve:“Headless”設定で CD を遠隔的に“mount”する方法

ユーザがローカルにログインしていないと、Xserve コンピュータに挿入された CD は自動的にマウントしません。“headless”(ディスプレイを接続していない)Xserve を使用している場合に、CD をマウントするには以下の手順にしたがってください。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ユーザがローカルにログインしていないと、Xserve コンピュータに挿入された CD は自動的に利用可能にはなりません。たとえば Xserve をラックに設置しているなど、ディスプレイなしで Xserve を使っている、すなわち“headless”の場合、以下の手順のとおり操作すれば、CD を挿入したのち、遠隔的に利用可能な状態にすることができます。

  1. コンピュータに ssh で接続してください。お使いのサーバへの ssh 接続を有効にする方法については、“Setting Up Mac OS X Server for Xserve”(Xserve での Mac OS X Server の設定)に説明があります。
  2. mount コマンドを実行し、利用可能なボリュームを表示させます。マウントしたボリュームのもっとも大きいディスク番号をメモしてください。(例)disk3s2
  3. disktool -m diskx コマンドを実行してください。x は現在マウントしているボリュームのもっとも大きい番号より 1 つ大きい値になります。今回の例での x の値は 4 になります。コマンドを実行すると“Disk Mounting Completed(ディスクのマウントは完了しました)”とメッセージが表示されるはずです。
  4. 再度 mount コマンドを実行してください。今回は CD がリストされるはずです。今回の例では /dev/disk4 と表示され、残りのマウントされたボリュームの情報が続きます。
  5. CD を取り出すには disktool -e diskx コマンドを実行してください。x は手順 3 で使用した値と同じです。今回の例では disktool -e disk4 になります。コマンドを実行すると完了したタスクのリストが表示され、“***Disk Ejected ('diskx')(ディスクは排出されました)”と最後に表示されます。
公開日: