LCD Displays: タッチスイッチを無効にする方法

タッチスイッチは Apple 液晶ディスプレイの電源を入れる際に使います。タッチスイッチを無効にしておくことで、偶然に電源が入ったり切れたりするのことを防ぐことができます。

以下の手順は、次のディスプレイで実行できます。

  • Apple Studio Display 15
  • Apple Studio Display 17 (LCD)
  • Apple Cinema HD Display
  • Apple Cinema Display (20-inch)

Mac OS X の場合

    1. 「Command + Shift」キーを押したままの状態で、手順 2 を実行します。
    2. ディスプレイの左側にあるボタンにタッチし、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルを開きます(または、「Command + Shift」キーを押しながら、アップルメニューから「システム環境設定」を選択し、「ディスプレイ」パネルを選択します)。
    3. 「Command + Shift」キーを放します。
    4. システム環境設定の「ディスプレイ」パネルで、「オプション」タブをクリックします。
    5. 「enable bezel button」チェックボックスをクリックすると、タッチスイッチの機能をオフ/オンが切り替わります。
    6. システム環境設定を閉じます。


Mac OS 9 の場合

    1. 「Command + Shift」キーを押したままの状態で、手順 2 を実行します。
    2. ディスプレイの左側にあるボタンにタッチし、モニタコントロールパネルを開きます(または「Command + Shift」キーを押しながら、アップルメニューのモニタコントロールパネルを開きます)。
    3. 「Command + Shift」キーを放します。
    4. モニタコントロールパネルから「環境設定」を選択します。
    5. 「enable bezel button」チェックボックスをクリックすると、タッチスイッチの機能をオフ/オンが切り替わります。
    6. モニタコントロールパネルを閉じます。
公開日: