Xserve:「サーバモニタ (Server Monitor)」を使って接続する方法

この記事では、Xserve をリモート管理する方法について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

作業を行うタイミング

Xserve をリモート管理する必要があるときならいつでも行えます。

始める前に

この操作を行う前に、起動する Xserve の IP アドレスおよび管理者(またはルート)のパスワードを知っている必要があります。
参考: Xserve のデフォルトのパスワードは、Xserve のシリアル番号の最初の 8 文字です。

手順

  1. 管理用のコンピュータで、「サーバモニタ」(「/アプリケーション/ユーティティ」にあります)を開きます。
  2. 以前に「サーバモニタ」で追加した Xserve サーバのリストが表示されます。
  3. 管理する Xserve をリストから探します。
  4. 目的の Xserve を選択し、「サーバモニタ」の下部にあるタブのなかから適切なタブをクリックします。
  5. 目的の Xserve が表示されない場合は、「サーバを追加」をクリックします。目的の Xserve の IP アドレス、ログイン名、パスワードを入力します。これでサーバがリ ストに表示されます。表示されない場合は、ネットワークまたはハードウェアに問題がある のかもしれません。
  6. 「サーバモニタ」ウインドウの下部にあるタブを使って、Xserve の各種システムの状況をチェックします。
公開日: