iMac G5, iMac G5 (Ambient Light Sensor): メモリ仕様

iMac G5 または iMac G5 (Ambient Light Sensor) で使用できるメモリの種類のついて学びます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

iMac G5 コンピュータでは、PC3200 準拠、バッファなし、パリティなし、184 ピン、400MHz DDR SDRAM という条件を満たしているメモリモジュール (DIMM) を使用できます。

メモリスロットは 2 基備わっています。装着可能なメモリの最大容量は 2 GB です。メモリモジュールのサイズは、各スロットについて 256 MB、512 MB、1 GB のタイプを使用することができます。

以下の機能のいずれか 1 つでも備えている DIMM は iMac G5 コンピュータではサポートされていません:レジスタまたはバッファ、PLL、ECC、パリティ、または EDO RAM。

「システムプロファイラ」でメモリの情報を表示させたとき、DIMM スロットは次のように認識されます。

  • J4000 - 内側のスロット(プロセッサカバーの付近)
  • J4001 - 外側のスロット(ベゼル付近)

新しい iMac G5 を購入したときに DIMM が 1 基装着されていた場合、通常は 17 インチモデルは内側のスロットにメモリが装着され、20 インチモデルは外側のスロットにメモリが装着されています。



メモリや AirMac Extreame カードを取り付けるときは、マニュアルに記載のアップグレードの手順に常に従ってください。決してアップグレードの手順に記載されていないネジを取り外そうとしないでください。

iMac G5 のメモリのアップグレードに関する詳細については、iMac G5: 同タイプのメモリモジュール (RAM) を使用することの利点を参照してください。

公開日: