MacBook Air: 設定アシスタントを使って MacBook Air を設定する方法

初めて MacBook Air の電源を入れると、設定アシスタントが起動します。設定アシスタントを使うと、インターネット情報の入力や MacBook Air のユーザアカウントの設定を簡単に行うことができます。設定時に別の Mac から情報をワイヤレスで移行することもできます。

注意:MacBook Air を初めて起動したときに設定アシスタントを使って情報を転送しない場合は、後で移行アシスタントを使って転送することもできます。「アプリケーション」フォ ルダに移動し、「ユーティリティ」を開いて、「移行アシスタント」をダブルクリックします。

MacBook Air を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. 「設定アシスタント」で、「すでに Mac をお持ちですか?」画面が表示されるまで、画面の指示に従って操作します。

  2. 基本の設定または移行を利用した設定を行います。

    • 基本の設定の場合は、「情報を今すぐ転送しない」を選択して「続ける」をクリックします。指示に従って操作を進め、ワイヤレスネットワークを選択し、アカウントを設定し、設定アシスタントを終了します。

    • 移行を利用した設定の場合は、まず、光学式ディスクドライブを搭載した別の Mac をパートナーコンピュータとして設定します。この記事の説明に従います。

注意:お使いの MacBook Air ですでに設定アシスタントが起動している場合でも、終了せずにそのままの状態にしておいて、もう一方のコンピュータに移動して DVD または CD 共有設定ソフトウェアをインストールし、その後 MacBook Air に戻って設定を完了することができます。

移行アシスタントの使い方について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

インターネット共有を使ってデータ移行を最適化する方法については、この記事を参照してください。

移行のヒントやコツについては、この記事を参照してください。

公開日: