Mac OS X: ログイン項目を設定する方法

ログイン項目はシステム環境設定アプリケーションで設定できます。設定後にコンピュータにログインすると、ログイン項目が自動的に開きます。

Mac OS X にログインしたときに、頻繁に使用するアプリケーション、書類、サーバのインターネットロケーションファイルなどの項目を自動的に開きたい場合は、ログイン項目に設定することができます。

Mac OS X 10.3 以降

  1. ログイン項目を設定するユーザとして、Mac OS X にログインします。
  2. アップルメニューの「システム環境設定」を選択します。
  3. 表示」メニューの「アカウント」を選択します。
  4. ユーザ名をクリックします。
  5. 「ログイン項目」ボタンをクリックします。
  6. 「追加 (+)」ボタンをクリックします。

選択した項目は、次回ログインするときに自動的に起動します。



Mac OS X 10.2.8 以前
  1. ログイン項目を設定するユーザとして、Mac OS X にログインします(ヒント 1 を参照)。
  2. アップルメニューの「システム環境設定」を選択します。
  3. 表示」メニューの「ログイン項目」を選択します(ヒント 2 を参照)。
  4. 「Add」をクリックします。
  5. 表示されるダイアログボックスで、アプリケーションまたは書類を選択します。
  6. 「Add」をクリックします(ヒント 3 を参照)。


選択した項目は、次回ログインするときに自動的に起動します。

  1. 自動ログインする場合は、そのまま操作を続行して構いません。どのユーザが Mac OS X にログインしているかを確認するには、Finder ウインドウで「ホーム」ボタンをクリックしてください。アクティブなユーザの名前は、Finder ウインドウの最上部に表示されます。各ユーザが専用のログイン項目リストを設定しています。あるユーザがリストに加えた項目は、別のユーザが同じコン ピュータにログインするときに自動的に開くことはありません。
  2. Mac OS X 10.1.5 以前では、「Login」のみ選択します。
  3. OS X 10.1.5 以前では、「Open」をクリックします。
  4. ログイン項目としてパスワードを必要とするアプリケーションまたはファイルを設定する場合、開くことはできませんが、Dock には表示されます。Dock のアイコンをクリックして、パスワードを入力すれば、その項目を開くことができます。たとえばこのような項目には、特定の email アプリケーション(メールアプリケーション、メーラーとも呼びます)、暗号化されたファイル、サーバ管理用のアプリケーションなどがあります。
  5. Classic 環境を自動的に起動するように設定するには「システム環境設定」の「Classic」パネルを使用します。
  6. Mac OS 9 の「システムフォルダ」にある「起動項目」フォルダは、起動時に開く Classic アプリケーションを指定するときに使用します。このフォルダには、Classic 環境の起動時に開く Classic アプリケーションのエイリアスを入れてください。Mac OS 9 の「起動項目」フォルダと Mac OS X の“StartupItems”フォルダを混同しないでください。重要:“StartupItems”フォルダに対して、手動で項目を追加したり、削除したりしないでください。このフォルダはシステムが専用に使用します。内容は変更しないでください。
公開日: