Mac OS: 起動時に同じボリュームにインストールされている Mac OS X を選択するには X キーを押します

Mac OS 9 と Mac OS X の両方が同じボリュームにインストールされている場合、起動時に「X」キーを押すと Mac OS X で起動することができます。

サーバを除くすべてのアップル製コンピュータには、Mac OS X と Mac OS 9 が同じボリュームにインストールされています。この場合の「ボリューム」とはパーティションに分割されていないハードディスクのことです。「起動ボリュー ム」とは、単純に、アクティブなオペレーティングシステムが含まれたボリュームを指しています。Startup Manager を使えば、「Option」キーを押しながら起動すると簡単に起動ディスクを変更できますが、ひとつのボリュームにひとつの OS しか表示されません。つまり、出荷時の設定では Startup Manager で Mac OS 9 と Mac OS X を切り替えることができません。ただし、内蔵ハードディスク、FireWire ハードディスク、CD-ROM ディスクの間で切り替えることは可能です。

Startup Manager の代わりに X キーを使う場合
以下のような状況のときに、Startup Manager の代わりに「X」キーを使用してください:

  • Mac OS 9 と Mac OS X の両方が同じボリュームにインストールされている(出荷時の設定)
  • 前回 Mac OS 9 から起動した
  • 起動時に Mac OS X に切り替えたい

以下の手順に従ってください:

    1. コンピュータの電源が切れているときは、パワーボタンを押します。コンピュータの電源が入っているときは、再起動します。
    2. すぐに「X」キーを押したままにします。いったんコンピュータがグレイ画面の状態で起動し、そして再起動します。
    3. コンピュータが再起動したら「X」キーを放します。

コンピュータは Mac OS X から起動します。Startup Disk の設定は Mac OS X から起動するように変更されています。これが、Startup Manager を使用する場合との違いです。Startup Manager を使用した場合は、設定の変更は保存されません。

より詳しい情報や、状況に合わせた解決方法については、以下の記事を参照してください:
記事 106178:
Startup Manager: 起動ディスクを選択する

記事 106697:
Startup Manager: Mac OS 9 のみが表示され Mac OS X が表示されない

記事 106698:
Startup Manager: Mac OS X のみが表示され Mac OS 9 が表示されない

公開日: