iMac:iMac Firmware Update のインストール方法

以下の説明は、すべての iMac Firmware Update の「Read Me」ファイルに含まれています。

注意:ファームウェアをアップグレードすると PRAM がリセットされるので、いくつかの iMac 環境設定の再設定が必要になる場合があります。例えば、起動ディスクを「起動ディスク」コントロールパネルで選択しなおす必要があるかもしれません。詳しくは、「Mac OS ヘルプ」を参照してください。

以下の説明は、すべての iMac Firmware Update の「Read Me」ファイルに含まれています。一部の iMac モデルでは、真っ直ぐに伸ばしたクリップか類似のツールを使って、iMac の右側の凹部 (コネクタ部) にあるプログラマスイッチを押す必要があります。

    1. 「iMac Firmware Updater」アイコンをダブルクリックして、アップデートを開始します。
    2. 画面の指示を読んで、注意事項に従ってください。
    3. /A モデルでは、iMac のファームウェアのアップデートが必要であることを示すメッセージが表示されます。


    4. そのほかのすべてのモデルでは、コンピュータをシステム終了して、真っ直ぐに伸ばしたクリップの先端をプログラマボタンの穴に差し込むように指示するメッセージが表示されます。手順 5 ~ 9 に従ってアップデート作業を行ってください。
    5. ダイアログボックスの「システム終了」ボタンをクリックして、コンピュータをシステム終了します。
    6. iMac の右側面にあるポートカバードアを開き、真っ直ぐに伸ばしたクリップの先端をプログラマボタンの穴 (2 つある穴のうちの下の方) に差し込みます。
    7. クリップを穴に差し込んだ状態で、パワーボタン (iMac とアップル USB キーボード上にあります) を押してから放して、iMac を起動させます。
    8. 長めのビープ音が聞こえたら、クリップを外します。アップデートの進行状況を示すプログレスバーが画面の下に表示されます。
    9. iMac の起動後に、ファームウェアが更新されましたという内容のメッセージが表示されたら、アップデートは正常に終了しました。「OK」をクリックします。


アップデートできませんでしたという内容のメッセージが表示されたら、手順 1 に戻ってアップデートの手順をやりなおしてください。

インストール前のエラーチェック

ファームウェアのアップデートを行うには、いくつかの条件が満たされている必要があります。これらの条件が満たされていない場合は、いくつかのエラー状態が発生して、画面にエラーメッセージが表示されます。

  • アップデータファイルが、アップデート用のインストーラが含まれるフォルダの外に移動されている。
  • アップデータが iMac 以外のコンピュータで使用されている。
  • Mac OS エラー #123 が生じている。
  • ボリュームがロックされている。
  • ファームウェアが認識されない。
  • ハードディスクの空き容量が不足している。


「iMac Firmware 3.0 Updater」ファイルが見つからない場合は、次のダイアログメッセージが表示されます。アップデートファイルを検索するか、またはアップデータを終了してください。




「iMac Firmware Updater」が iMac 以外のコンピュータで実行された場合は、次のダイアログが表示されます。




Mac OS エラーが起きた場合は、次のダイアログが表示されます。このメッセージは、Mac OS のエラーメッセージとして確保されている標準のエラーダイアログメッセージです。




アップデートの対象となるボリュームがロックされている場合は、次のダイアログが表示されます。(この現象は、特に CD から起動したときに起こります。必ずハードディスクから起動させてください。)




iMac のファームウェアが認識されない場合は、アップデートされずに次のダイアログが表示されます。




ハードディスクの空き容量が不足している場合は、アップデートされずに次のダイアログが表示されます。ファームウェアアップデートを適切にインストールするには、ハードディスクに約 2.5 MB 以上の空き容量が必要です。




iMac Firmware Update によるアップデートが失敗する条件について

上記以外にも、アップデートが失敗する条件があります。

  • アップデート中に電源がオフになった場合は、Boot ROM が破損し、復帰できないことがあります。
  • /A モデルで誤ってクリップを使って再起動した場合は、アップデートは完了しません。電源ケーブルを 15 秒ほど抜き、もう一度アップデートを行ってください。

注意:このファームウェアアップデートでは、Open Firmware でのコマンドライン入力は使用しません。コマンドラインモードを用いて iMac のファームウェアをアップデートしようとすると、Boot ROM が破損する可能性があります。iMac の Open Firmware をコマンドライン入力で改変した場合はアップル社の製品保証は適用されませんし、またその結果生じたプロセッサボードの破損についてもアップル社の製品保 証は適用されません。

システムがアップデート済みかどうかを確かめるには

Firmware Update インストーラを起動すると、インストールを実行する前にアップデートが必要かどうかが判断され、アップデートが不要な場合はメッセージが表示されます。アップデートを実行したかどうかがわからない場合は、Firmware Update インストーラを起動してください。アップデートが実行されていれば、アップデートされているというメッセージが表示されます。

また、バージョン 2.1.2 以降の Apple システムプロファイラを使うと、インストールされている Boot ROM のバージョンを確認することもできます。Apple システムプロファイラを起動して「システムプロファイル」タブをクリックし、「Production Information」の隣にある詳細表示三角形をクリックします。

公開日: