Mac ハンドブック:Dock をカスタマイズする

Mac で Dock をカスタマイズする方法を説明します。

 

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Finder ウインドウのサイドバーと同様に、Dock にも希望する項目だけを表示させたり、必要な場合はあらゆるものを詰め込んだりすることもできます。Finder ウインドウのサイドバーと異なり、Dock を表示する場所を選択したり、表示方法を制御したりすることもできます。

この記事は、Mac OS X v10.5 以前が対象です。Mac OS X v10.6 以降については、こちらの記事 を参照してください。

アイコンの拡大表示を変更するにはシステム環境設定の「Dock」パネルを使います。

Dock の拡大

Dock 内のアイコンにマウスポインタを移動すると、アイコンが拡大されます。アイコンの拡大/縮小サイズを選択したり、Dock の通常表示サイズを選択したりできます。

Dock のサイズを小さく設定して拡大時のサイズを最大に設定すると、
Dock から項目を選択するときのアニメーションが一層際立つようになります。

  1. Apple メニューから「Dock」を選択し、「Dock 環境設定」選択して (またはシステム環境設定を開き「Dock」をクリックして) 環境設定を開きます。
  2. Dock のサイズを調整するには、「サイズ」スライダを使います。サイズを小さくするにはスライダを左へ移動し、大きくするには右へ移動します。
  3. アイコンの拡大時のサイズを制御するには、「拡大」スライダを使います。アイコンの拡大サイズを小さくするにはスライダを左へ移動し、大きくするには右へ移動します。設定をテストするにはマウスポインタを Dock に移動します。
  4. アイコンを拡大しないようにするには、「拡大」チェックボックスの選択を解除します。

Dock を移動する

画面の下部に Dock を表示したくない場合は、画面の左または右に移動することができます。これを行うには、以下のいずれかを実行します。

Dock を画面の左側に移動するにはこのラジオボタンを選択します。

  • システム環境設定の「Dock」パネルにある「画面上の位置」セクションを見つけます。Dock を左に移動するには「左」ラジオボタンを選択し、右に移動するには「右」ラジオボタンを選択します。Dock をデフォルトの位置 (画面の下) に戻すには「下」を選択します。
  • Apple メニューから「Dock」を選択し、Dock を左に移動するには「左に表示」を、右に移動するには「右に表示」を選択します。

ウインドウをしまうときのエフェクトを変更する

Mac でウインドウをしまうと、ジニーエフェクトによってウインドウが Dock に吸い込まれるようなアニメーションが実行されます。Dock にしまったウインドウをクリックして元の状態に戻すときも同じエフェクトが使われます。このエフェクトを変更するには、以下の手順を実行します。

これは、ジニーエフェクトを使ってウインドウをしまうところです。スケールエフェクトの場合、アニメーションはそれほど派手ではありません。

  1. Apple メニューから「Dock」を選択し、「Dock 環境設定」を選択して、またはシステム環境設定を開き「Dock」をクリックして、環境設定を開きます。
  2. しまうときのエフェクト」ポップアップメニューから「スケールエフェクト」を選択します。デフォルトの設定に戻すには、「ジニーエフェクト」を選択します。

Dock を隠す

Dock は画面の指定された場所に表示されますが、マウスポインタをそこに移動したときにだけ Dock を表示し、通常は隠しておくように設定することもできます。Dock を隠すには、以下のいずれかの手順を実行します。

Dock が邪魔にならないよう隠すには、このチェックボックスを選択します。

  • システム環境設定の「Dock」パネルで「Dock を自動的に隠す/表示」チェックボックスを選択します。
  • Apple メニューから「Dock」を選択し、「"自動的に隠す" 機能を入にする」を選択します。
公開日: