Mac OS X:バックグラウンドメインテナンスタスクについて

Mac OS X は、必要でなくなったシステムファイルを削除するなどのタスクを定期的に実行します。このタスクは、コンピュータがスリープモードでないときに実行されます。このタスクでは、ログファイルから古い情報が消去されるか、特定の一時的なアイテムが削除されます。

Mac OS X v10.6 以降でコンピュータのスリープモードの解除後にタスクを自動で実行する方法、および Mac OS X v10.5 以前でタスクを手動で実行する方法を説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Mac OS X v10.6 以降についての情報

Mac OS X v10.6 以降では、コンピュータがスリープモードのときに実行されなかったバックグラウンドメインテナンスタスクは、スリープモードの解除後に実行されます。

詳しくは、以下のデベロッパ Web ページを参照してください。

Mac OS X v10.4 および v10.5

指定した時間にコンピュータがシステム終了しているかスリープモードの場合、メインテナンスタスクは行われません。この場合、メインテナンスタスクを手動で実行できます。これには他社製のアプリケーションを使う方法とターミナルを使う方法があります。

他社製のアプリケーションを使う

いつでも好きなときにメインテナンスタスクを実行できる他社製のアプリケーションがあります。これには以下のアプリケーションが含まれます。

  • Macaroni (Thomas Harrington)
  • Mac Janitor (Brian R. Hill)
  • CronMaster (Dan Klein)
  • weRclean (Parental Advisory)

VersionTracker http://www.versiontracker.com/ で、上記のソリューションやほかのソリューションを探すことができます。

ターミナルを使う (詳細)

注意:上記の通り、以下の手順は Mac OS X v10.6 以降では不要です。

  1. ターミナル (/アプリケーション/ユーティリティ) を開きます。
  2. sudo periodic daily」と入力します。

    ヒント:「daily」と入力すると、タスクは 通常通り 1 日単位で実行されます。「daily」の代わりに「monthly」または「weekly」と入力すると、タスクは月または週単位で実行されます。週単位で実行すると、ほかの場合よりもタスクの実行に時間がかかります。
  3. 「enter」キーを押します。
  4. 管理者パスワードを求められたら入力し、「return」キーを押します。
  5. タスクが完了したらターミナルを終了します。

タスクは、コンピュータの現在地の時間帯の 03:15 から 05:30 にスケジュールされます。詳しくは、「Mac OS X:「find」が説明できないハードディスク動作を起こす」を参照してください。コンピュータがシステム終了しているかスリープモードの場合、このタスクは実行されません。Mac OS X v10.5 以前でタスクが実行されない場合は、特定のログファイル (system.log など) が 大きくなりすぎている可能性があります。

重要:他社の Web サイトや製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、支持または推奨を意味するものではありません。Apple は、他社の Web サイトに掲載されている情報または製品の選択、性能、使用については、一切責任を負いません。Apple は、これらの情報を、ユーザの利便性を考慮して提供しているに過ぎません。Apple では、これらのサイトに掲載されている情報の評価を行っておらず、その正確性または信頼性についてはいかなる言及もいたしません。インターネット上のあらゆる情報または製品の使用には本来リスクが伴うものであり、この点について Apple はいかなる責任も負わないものとします。他社のサイトは Apple とは無関係であり、他社の Web サイトの内容を Apple が管理しているわけではないことをご理解ください。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

公開日: