Mac OS X 10.5 Leopard: UFS フォーマットのボリュームにインストールできない

Mac OS X 10.5 Leopard は、UFS フォーマットのボリュームにインストールできません。UFS フォーマットのボリュームにインストールされた Mac OS X の旧バージョンをアップグレードするには、ファイルをバックアップし、Mac OS X ボリュームをフォーマットし直してから、ファイルをリストアしてください。

重要:フォーマットを行うと、ディスク上の情報はすべて消去されます。万一のため、以下の手順を実行する前に重要なファイルをバックアップしてください。

外付けの USB または FireWire ディスク、別の内蔵ハードディスク、または Mac OS の拡張パーティションをお持ちの場合、以下の手順を実行できます。

  1. お使いのコンピュータで、FileVault で保護されているすべてのユーザアカウントの FileVault を無効にします。
  2. 外部ディスクをお使いの場合はコンピュータに接続します。
  3. Mac OS X Leopard のインストールディスクを挿入し、「Mac OS X をインストール」をダブルクリックしてから「再起動」をクリックします。
  4. コンピュータがインストールディスクから起動します。Mac OS X インストーラが開いたら、「ユーティリティ」メニューから「ディスクユーティリティ」を選択します。
  5. ディスクユーティリティで、ウインドウの左側から現在の Mac OS X ボリュームのアイコンをクリックし、次にウインドウの右上隅にある「復元」パネルをクリックします。
  6. 以前の Mac OS X ボリュームのアイコンをデスクトップから「ソース」欄にドラッグします。
  7. 外部ディスクまたは別の内蔵ディスク/パーティションを「復元先」にドラッグします。このボリュームにファイルがバックアップされます。現在の Mac OS X ボリュームをソースと復元先の両方に使うことはできません。
  8. 「復元」をクリックします。
  9. 処理が完了したらディスクユーティリティを終了します。
  10. Mac OS X インストーラで、「復元先を選択」パネルまで処理を進めます。
  11. 旧バージョンの Mac OS X を含むディスクを復元先として選択します。重要:ディスクユーティリティで復元先として使ったボリューム/ディスクは選択しないでください。
  12. 「オプション」 ボタンをクリックします。
  13. 「消去してからインストール」を選択し、フォーマットの選択肢が「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」であることを確認します。
  14. 画面に表示される指示に従って消去し Mac OS X 10.5 Leopard をインストールします。
  15. インストールが終了すると、Mac OS X 設定アシスタントが開きます。「すでに Mac をお持ちですか?」ウインドウで以下の操作を行います。

    • 外部ディスクにバックアップした場合は「別の Mac から」をクリックします。
      または
    • 別のパーティションまたは別の内蔵ディスクにバックアップした場合は「この Mac の別のボリュームから」をクリックします。
  16. 「続ける」をクリックします。
  17. 画面に表示される指示に従って、アカウントおよびその他のファイルを起動ディスクにリストアします。
公開日: