iMac G5 (iSight): メモリ (RAM) の取り付けと交換

iMac G5 (iSight) のロジックボードには 512 MB の DDR2 SDRAM モジュールが実装されており、取り外しや交換はできません。ほかにもメモリのスロットが 1 つあり、最大 2 GB のメモリ増設が可能です(このスロットには 512 MB、1 GB または 2 GB のモジュールを搭載できます)。お使いになるメモリモジュール (DIMM) が以下の条件を満たすことをご確認ください。

  • PC2-4200 準拠
  • バッファなし (unbuffered)
  • パリティなし
  • 240 ピン
  • 533 MHz
  • DDR2 SDRAM


以下のような種類の DIMM は iMac G5 (iSight) でお使いいただけません。

  • レジスタ (Registerd)、あるいはバッファあり (Buffered)
  • PLL
  • ECC
  • パリティあり
  • EDO RAM
この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

RAM スロットにメモリを増設する作業は、以下の指示に従って実行します。

  1. アップルメニューから「システム終了」を選んで、コンピュータをシャットダウンします。
  2. コンピュータからすべてのケーブルや電源コードを外します。
  3. LCD ディスプレイに傷をつけないように、やわらかく清潔なタオルや布をデスクや作業台に敷きます。コンピュータを両側から支えながら、画面を下にして静かに寝かせます。
  4. プラスのドライバを使い、コンピュータの底部にある RAM のアクセスドアを取り外します(下図を参照してください)。


    RAM のアクセスドア

    ネジを外して
    ドアを取り除く
  5. 内部のすきまから、2 つのリングを取り出して引っ張ります(図を参照してください)。リングを引っ張ると DIMM が外れるか(取り付けられていた場合)、DIMM コネクタにアクセスできるようになります。

  6. 新しい RAM DIMM をスロットに挿入します。このときモジュールの正しい向きに注意してください。(DIMM は中央あたりに小さな切り込みが入っていますので、切り込みをそろえるようにします。)DIMM をコネクタに挿入した後しっかりとスロットに押し入れます。リングはコンピュータの内部に納まります(下図を参照してください)。


    RAM の向きを確認

    RAM を DIMM コネクタに挿入

    DIMM をスロットに押し入れる
  7. DIMM の取り付けが完了したら、RAM アクセスドアを元通りに付けなおします。
  8. iMac を起こして通常通りに置き、電源コードやケーブルを接続します。iMac を再起動したら作業は完了です。
公開日: