Mac OS X 10.4.2 or later: Dashboard ウィジェットのインストールと削除

Dashboard ウィジェットのダウンロード、インストール、削除は Mac OS X 10.4.2 以降で大きく改善されました。ウィジェットのインストールを行うには、Mac OS X 10.4 の最新バージョンに確実にアップデートするのが一番良い方法です。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Mac OS X 10.4.2 以降でウィジェットのダウンロード、インストール、削除を行う方法
「Safari」の「環境設定」で「ダウンロード後、“安全な”ファイルを開く」オプションを選択している場合、ウィジェットをダウンロードリンクをクリックすると、安全のための警告メッセージを 表示します。リンクは一般に .zip アーカイブです(そうでない場合は、以下にある次の説明を参照してください)。ダイアログの「ダウンロード」ボタンをクリックすると、「Safari」は .zip アーカイブをダウンロードし、自動的に圧縮解除して、ファイルを開きます。

「Safari」の「環境設定」を上記のように設定していなくて、ダウンロード可能なファイルが .zip アーカイブでない場合、または別の Web ブラウザを使用している場合は、ダウンロードリンクをクリックして、対象となるファイルをデフォルトの場所にダウンロードします。圧縮ファイルをダブルク リックして圧縮解除し、作成されたウィジェット (.wdgt) ファイルをダブルクリックしてインストール作業を開始します。

「Safari」(またはユーザ)がウィジェットファイルを開くと、「ウィジェットインストーラ」ダイアログが表示され、「ウィジェット“(ウィジェット の名称)”をインストールして Dashboard で開いてもよろしいですか?」というダイアログが表示されます。「インストール」をクリックしてお試し(テストドライブ)用にウィジェットを取り出しま す。

ウィジェットのテスト
「Install」をクリックすると、新しいウィジェットが Dashboard に一時的な“お試し(テストドライブ)”モードで表示され、それを保存するかどうかを判断する前に使ってみることができます。“お試し”モードの間、ウィ ジェットのすべての機能を試してみることができます。保存することにした場合は、「保持」ボタンをクリックします。削除することにした場合は、もうお分か りでしょうが、「削除」をクリックします。



ウィジェットを保存する場合、Mac OS は対象となるファイルを ˜/ライブラリ/Widgets/ にコピーします。そうではなく、「削除」ボタンをクリックすると、OS はウィジェットをゴミ箱に移動します。将来気が変わって、削除したウィジェットをインストールする場合は、もう一度ダウンロードしてください(または、ま だゴミ箱に残っている場合は、ゴミ箱から拾い出します)。

ヒント:ウィジェットをどこにインストールしたのか疑問に思いますか?次のいずれかで見つけてください:

  • 「/ライブラリ/Widgets」フォルダ(すべてのユーザに対して、通常アップルがインストールした削除できないウィジェットがあります)、または
  • 各ユーザの「˜/ライブラリ/Widgets」フォルダ —ティルド (˜) はホームフォルダを指します。


他の場所にあると、Dashboard や「ウィジェットバー」に表示されません。

ウィジェットを削除するか無効にする
Mac OS X 10.4.2 以降でウィジェットを削除または無効にするには、「ウィジェットマネージャ」を使います!「ウィジェットマネージャ」を使用するには、次のように行います:

  1. Dashboard でプラス (+) ボタンをクリックして「ウィジェットバー」を開きます。
  2. 画面の左側にある「ウィジェットを管理」ボタンをクリックします。または、「ウィジェットバー」の「ウィジェット」ウィジェットをクリックします。

  3. 「ウィジェットマネージャ」が表示され、インストール済みのすべてのウィジェットのリストを表示します。

  4. Dashboard に表示したくないウィジェットの隣のチェックボックスの選択を外します。「ウィジェットマネージャ」で名前や日付でウィジェットを並べ替えることができます(この操作は、「ウィジェットバー」内の順番は変えません)。
    注記「ウィジェットマネージャ」でウィジェットの選択を外すと、そのウィジェットは無効になるので Dashboard に表示されなくなりますが、コンピュータから完全に削除しているわけではありません。
  5. 他社製ウィジェットを削除するには、ウィジェットの右側の赤い削除ボタンをクリックします(水平に白い線が入った赤丸のように表示されます)。クリックすると、次の警告メッセージが表示されます:
      “(Name of widget) Move this widget to the Trash?(<ウィジェットの名称>このウィジェットをゴミ箱に移動しますか?)”

    「OK」をクリックし、対象となるウィジェットを Dashboard から削除してゴミ箱に入れます。
  1. ˜/ライブラリ/Widgets/ にあるウィジェットのみを削除できます。/ライブラリ/Widgets/ に「ウィジェットマネージャ」とともにインストールされているアップル製のウィジェットは削除できません。
  2. /ライブラリ/Widgets に手作業でウィジェットをインストールする場合、インストールしたウィジェットは「ウィジェットマネージャ」で削除できません。


背景:Mac OS X 10.4 および 10.4.1 でウィジェットはどのように動作するか
Mac OS X 10.4 または 10.4.1 でのみ「Safari」を使用する場合、「ダウンロード後、“安全な”ファイルを開く」オプションを選択していて .zip 形式のウィジェットをダウンロードすると、ウィジェットは自動的に ˜/ライブラリ/Widgets にインストールされます。

ただし、他の状況(上記で説明)でウィジェットをダウンロードする場合、Dashboard にウィジェットを開くためにファイルをダブルクリックすると、.wdgt ファイルを「˜/ライブラリ/Widgets」フォルダに手作業で移動しなければ、ウィジェットは「ウィジェットバー」に表示されません。また、ウィ ジェットを閉じると、もう一度 Dashboard で開くためにはオリジナルのウィジェットをダブルクリックする必要があります。

Mac OS X 10.4.1 および 10.4 でウィジェットを削除するには、Finder で手作業で「˜/ライブラリ/Widgets」フォルダからウィジェットを削除して、Dashboard の「ウィジェットバー」から対象となるウィジェットを削除する必要があります。「ウィジェットマネージャ」はありません(手順については、Removing a Dashboard widget from the Widget Bar in Mac OS X 10.4 and 10.4.1"(英語の情報です)をご覧ください)。

公開日: