「アーカイブおよびインストール」の実行後、以前のホームディレクトリからファイルを取得する方法

アーカイブおよびインストール」機能のインストール後にホームディレクトリをリストアする方法について説明します。「アーカイブおよびインストール」の実行時、「ユーザとネットワーク設定を保存する」オプションを選択しておくと、コンピュータ上のすべてのユーザが自動的に保存され、各ユーザのホームディレクトリが適切に維持されます。「ユーザとネットワーク設定を保存する」オプションを選択してあった場合は、この記事を参照する必要はありません。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Mac OS X 10.4.11 以前:「アーカイブおよびインストール」機能のインストール前に、「ユーザとネットワーク設定を保存する」オプションを選択していなかった場合、各ユーザの関連ファイルは保存されず、元のユーザファイルのみが保存されます。この場合、ファイルは次のディレクトリ内にあります。

/Previous Systems/Previous System n/Users/

n」には、「1」などの数字が入ります。アーカイブおよびインストール機能を実行するたびに、「Previous Systems」フォルダ内に「Previous System」フォルダが作成され、新しい番号が付けられます。

Mac OS X 10.5 以降:「アーカイブおよびインストール」機能のインストール前に、「ユーザとネットワーク設定を保存する」オプションを選択していなかった場合、各ユーザの関連ファイルは保存されず、元のユーザファイルのみが保存されます。ファイルはタイムスタンプが付いたフォルダ内にあります。

/Previous Systems/年-月-日_時分

たとえば、2007 年 11 月 8 日午前 11 時 0 分にインストールを実行した場合は、/Previous Systems/ ディレクトリに「2007-11-08_1100」フォルダが作成されます。


以前のホームディレクトリからデータを取り出すには、以下の手順を実行します。

  1. ディスクユーティリティ (Mac OS X 10.3, 10.4 以降) または Disk Copy (Mac OS X 10.2.8 以前) を開きます。ディスクユーティリティは「ユーティリティ」フォルダ、Disk Copy は「アプリケーション」フォルダ内にあります。
  2. Mac OS X 10.2.8 以前または Mac OS X 10.4 以降をお使いの場合は、「ファイル」メニューで「新規」 > 「フォルダからのディスクイメージ」または「ボリューム」と選択します。
    Mac OS X 10.3 ~ 10.3.9 をお使いの場合は、「イメージ」メニューで「新規」 >「フォルダからのディスクイメージ」と選択します。
  3. ダイアログが表示されます。「Previous System」フォルダ、「Users」フォルダの順に選択し、以前のユーザ名が付いているフォルダを選択します。
  4. 「イメージ」をクリックします。
  5. イメージファイルをデスクトップに保存し (「Command + D」キー) し、名前を付けます。
  6. 作業が完了すると、イメージファイルがデスクトップに表示されます。

    ヒント:Disk Copy、ディスクユーティリティ、Finder を使って、イメージを CD や DVD にアーカイブ (保存) することもできます。
  7. マウントされたイメージから目的のファイルをドラッグします。


Mac OS X 10.5.x で、ユーザを保存せずに Mac OS X の「アーカイブおよびインストール」機能をインストールし、後の段階でユーザを保存しておく必要があったことがわかった場合は、以下の手順でユーザのホームフォルダ全体を復旧できます。

  1. root ユーザを 有効 にします。
  2. root ユーザとしてログインします。
  3. 復旧対象のホームフォルダと同じユーザ名のアカウントが作成されていないことを確認します。復旧対象のホームフォルダと同じユーザ名のアカウントがある場合は、システム環境設定から、該当するユーザアカウントを削除します。  注意:保存対象のホームフォルダ内に新規ユーザが作成した文書がすでに入っている場合は、確認メッセージが表示されたら「ホームフォルダをディスクイメージに保存」または「ホームフォルダを変更しない」を選択します。システム上には少なくとも 1 人の管理者ユーザが必要です。1 つしかない管理者ユーザアカウントを削除する場合は、まず仮の管理者ユーザを作成します。このユーザアカウントは手順 9 の終了後、削除できます。
  4. Finder でハードドライブを開き、「Previous Systems/YYYY-MM-DD_HHMM/Users」(YYYY-MM-DD_HHMM は「アーカイブおよびインストール」を実行した日付) を探します。
  5. 復旧対象のホームフォルダを探します。
  6. Finder ウィンドウをもう 1 つ開き、再びハードドライブを開いて、該当する「Users」フォルダを探します。
  7. 「/Previous Systems/YYYY-MM-DD_HHMM/Users」にあるユーザの (ユーザ名が付いた) フォルダを「/Users」にドラッグ (移動) します。
  8. システム環境設定の「アカウント」パネルで、手順 7 で移動したホームフォルダと同じ名前の新規ユーザを作成します。 
  9. 「“ユーザ”フォルダ内のフォルダに、“ユーザ名”という名前がすでに付いています。そのフォルダをこのユーザアカウントのホームフォルダとして使用しますか?」というメッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。これで、ホームフォルダにある全ファイルの所有者を正しく設定することができます。
  10. ログアウトします。
  11. 手順 8 で作成したユーザとしてログインします。
  12. root ユーザを無効にします。
公開日: