iPhone の部品と修理の履歴

Apple 純正部品は、Apple の品質・性能基準に基づいて設計、テスト、製造されています。

デバイスの部品と修理の履歴を確認する

iOS 15.2 以降では、「設定」>「一般」>「情報」で、iPhone の部品と修理の履歴を確認できます。

「情報」画面に部品と修理の履歴が表示されている画像。

  • iPhone XR、XS、XS Max 以降 (iPhone SE (第 2 世代) も含む) では、バッテリーの交換履歴があるかどうかを確認できます。
  • iPhone 11 モデルでは、バッテリーやディスプレイの交換履歴があるかどうかを確認できます。
  • iPhone 12、iPhone 13、iPhone 14 の各モデルでは、背面システム、TrueDepth カメラ、バッテリー、ディスプレイ、バックカメラの交換履歴があるかどうかを確認できます。

Apple 純正部品と表示されている画像。

修理サービス時に Apple 純正の部品やプロセスが使われた場合は、その部品名の横に「Apple 純正部品」と表示されます。お使いの iPhone が修理サービス終了後にインターネットに接続された場合は、部品名をタップすれば修理サービスの実施日などの詳細情報が表示されます。

 

部品がきちんと取り付けられていない場合や、部品が以下の状況に該当する場合は、「不明な部品 」と表示されます。

「部品と修理の履歴」で「ディスプレイ」の横に「不明な部品」メッセージが表示されている画像。

  • 非純正部品と交換されている
  • 過去に別の iPhone に使用されていた/取り付けられていたことがある
  • 正常に機能していない

ディスプレイやバッテリーに関しては、補足情報として「Apple により、この iPhone の情報がアップデートされました」と表示される場合もあります。これは、修理サービス上の必要性、安全性の解析、および今後の製品の改善のために、この iPhone のデバイス情報記録を Apple が更新したという意味です。

上記のように表示されても、iPhone とそのバッテリー、ディスプレイ、カメラは問題なく使えます。

「部品と修理の履歴」セクションに、「Face ID の問題が検出されました」「モバイル通信の問題が検出されました」「超広帯域無線の問題が検出されました」「Apple Pay の問題が検出されました」のいずれかのメッセージが表示される場合もあります。

「Face ID の問題が検出されました」メッセージについて詳しくはこちら

「モバイル通信の問題が検出されました」「超広帯域無線の問題が検出されました」「Apple Pay の問題が検出されました」メッセージについて詳しくはこちら

iOS 15.2 より前のバージョンの iOS では、交換された部品が「不明な部品」かどうかしか確認できません。

部品と修理の履歴に関する情報は Apple が収集し、ご利用の iPhone のデバイス情報記録の一部として保管します。この情報は、修理サービス上の必要性、安全性の解析、および今後の製品の改善のために使われます。 

部品と修理の履歴は、iPhone の部品が交換されている場合や、部品が正常に機能していない場合に限り表示されます。部品が複数回修理されている場合、直近の修理の情報だけが表示されます。

iPhone の部品と修理の履歴は、iPhone のシリアル番号に紐付けられています。iPhone を修理したときに新しいシリアル番号を割り振られた場合は、その新しいシリアル番号に紐付けられた部品と修理の履歴の情報のみ見ることができます。

 


Apple 純正部品を使った熟練技術者による修理の重要性

ほとんどのお客様にとって、Apple 製品は、認定技術者を擁する専門の修理サービスプロバイダに Apple 純正部品を使って修理してもらうのが一番安全で安心です。この資格を持つプロバイダは、Apple、Apple 正規サービスプロバイダ、Apple 純正の部品を取り扱う独立系修理プロバイダです*。トレーニングを受けていない個人が非純正の部品を使って修理した場合、デバイスの安全性や機能を損なうおそれがあります。Apple 純正部品はデバイス内に正確に収まるように精密に設計されています。また、修理時にネジやカバーを適切に交換しないと部品が緩んだままになり、その結果、バッテリーが損傷して過熱したりケガにつながるおそれもあります。

iPhone の修理サービス (保証対象または保証対象外) が必要なときは、お近くの Apple Store や Apple 正規サービスプロバイダへご来店いただくか、配送修理 (修理が必要な製品を宅配便で Apple リペアセンターへ送って修理する方法) をご利用になることをおすすめします。独立系修理プロバイダによる保証対象外修理やセルフサービス修理でも、Apple 純正部品を利用できます*。

 

* 独立系修理プロバイダは、Apple の純正部品、ツール、トレーニング、サービスガイド、診断プログラム、リソースを利用できます。独立系修理プロバイダによる修理は、Apple の製品保証や AppleCare プランの保証対象にはなりませんが、プロバイダ独自の修理保証が適用される場合があります。セルフサービス修理では、電子デバイスの複雑な修理をしたことがあるお客様に、Apple の純正部品、ツール、修理マニュアルを利用してご自身で保証対象外の修理を実施していただけます。セルフサービス修理は、現時点では、2021 年以降に発売された一部モデルの iPhone を対象に、一部の国や地域で利用できます。修理マニュアルの閲覧や対象モデルの部品の発注には、「Self Service Repair」ページをご利用ください。

 


公開日: