マスクやサングラスの着用時に Apple Watch で iPhone のロックを解除する

マスクやサングラスをしていても一緒に Apple Watch を着けていれば、iPhone を持ち上げて覗き込むだけでロックを解除できます。この機能の設定方法と使い方をご案内します。

iPhone と Apple Watch に画面のロック解除の様子が表示されているところ 

必要なもの

Apple Watch で iPhone のロックを解除するには、以下のデバイスが必要です。

  • iOS 14.5 以降を搭載した Face ID 搭載モデルの iPhone (iPhone X 以降)
  • watchOS 7.4 以降を搭載した Apple Watch Series 3 以降

この機能を使うには、以下の環境が整っていることも必要です。

  • Apple Watch が iPhone とペアリングされている。
  • iPhone と Apple Watch で Wi-Fi および Bluetooth が有効になっている (Wi-Fi ネットワークに接続されている必要はありません)。
  • Apple Watch にパスコードが設定されていて、「手首検出」が有効になっている。
  • Apple Watch を手首に装着していて、そのロックが解除されている。
  • 口と鼻がマスクで覆われている。または、サングラスやスキーのゴーグルで目が覆われている。 

iOS の「Face ID とパスコード」の設定オプションを写したスクリーンショット。 

「Apple Watch でロック解除」の設定方法

  1. iPhone で設定 App を開きます。
  2. 「Face ID とパスコード」をタップし、パスコードを入力します。
  3. 下にスクロールして「Apple Watch でロック解除」を表示し、Apple Watch の名前の横でこの機能をオンにします。Apple Watch で「手首検出」が有効になっていない場合は、この段階で有効にするように案内されます。

Apple Watch で iPhone のロックを解除する方法

  1. マスク、サングラス、またはスキーゴーグルを着用していること、Apple Watch を手首に装着していて、そのロックが解除されていることを確認します。
  2. iPhone を持ち上げるか、画面をタップして、スリープを解除します。
  3. iPhone に視線を向ければ、ロックが解除されます。その後、iPhone の画面の下部から上にスワイプして、使い始めることができます。

iPhone のロックを解除するつもりがなかった場合

Apple Watch で iPhone のロックを解除できた場合、Apple Watch は振動して教えてくれ (触覚フィードバック)、画面には通知メッセージが表示されます。iPhone のロックを解除するつもりではなかった場合は、Apple Watch の画面の「iPhone をロック」ボタンをタップしてください。

このボタンをタップした後で次回 iPhone のロックを解除する際は、iPhone でパスコードを入力する必要があります。

マスクの着用時に Apple Watch がなくても Face ID を使う

iOS 15.4 以降では、マスクを着用していても iPhone 12 または iPhone 13 で Face ID を使えます。Apple Watch がなくても大丈夫です。

iPhone 12 と iPhone 13 のこの機能は、「Apple Watch でロック解除」と併用できます。そうすれば、サングラスとマスクなど、顔を覆うものを組み合わせて着用している場合に、iPhone のロックをもっと便利に解除できます。

関連情報

  • iPhone 13 で「Apple Watch でロック解除」が機能しない場合は、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Watch でのロック解除は、Apple Watch を手首に着けてそのロックを解除していて、iPhone が近くにある場合に機能します。この機能は、Face ID での顔認証は行いません。
  • Apple Watch でロック解除した場合、iPhone のロックが解除されるだけです。Apple Pay、キーチェーンに保存されているパスワード、パスワードで保護されている App を使う際の本人確認は行いません。マスク、サングラス、スキーゴーグルの着用時も引き続きこれらの機能を使えますが、その際は iPhone のパスコードを入力するか、Apple Watch で Apple Pay を使ってください。
公開日: