Apple Watch Series 5 や Apple Watch SE が省電力モードになり、充電されない場合

Apple Watch Series 5 や Apple Watch SE が省電力モードになった後、充電されない場合の対処法をご案内します。

    

watchOS 7.2 または 7.3 を搭載した Apple Watch Series 5 または Apple Watch SE で、省電力モードになった後、充電されなくなるという事例が、ごく少数ではありますが報告されています。

お使いの Apple Watch のモデルを確認する方法については、こちらの記事をご覧ください。お使いの watchOS のバージョンを調べるには、iPhone で Watch App を開くか、Apple Watch で設定 App を開き、「一般」>「情報」の順にタップして、「バージョン」欄を確認します。

Apple Watch でこの問題が起きたときの対処法

お使いの Apple Watch でこの問題が起きているかどうかを確かめるには、ふだん使っている充電器の上に Apple Watch を置いて 30 分以上待ちます。

それでも Apple Watch が充電されない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。無償の配送修理を手配いたします。修理サービスに際しては、事前に Apple Watch をお調べし、無償修理の対象となるかどうかを判定いたします。

Apple では、この問題がほかの Apple Watch Series 5 や Apple Watch SE デバイスでも発生するのを防ぐため、watchOS 7.3.1 をリリースいたしました。最新のバグ修正とセキュリティ強化をすべて適用できるよう、Apple Watch をアップデートしてください。

本ドキュメントは、新しい情報が入り次第、更新されます。

公開日: