Mac でバッテリーの充電が一時停止または保留されている場合

macOS Big Sur では、Mac が毎日の充電の傾向を学習し、バッテリーの寿命を延ばしてくれます。

macOS Big Sur では、「バッテリー充電の最適化」という機能がバッテリーの寿命を延ばし、Mac がフル充電されたままの時間を短く抑えてくれます。この機能を有効にすると、所定の条件下で、Mac は 80 パーセントまで充電したら、その後の充電を遅らせます。Mac は普段の充電パターンを学習し、電源から外した時点でフル充電されている状態を目指します。

Apple M1 チップT2 セキュリティチップを搭載した Mac コンピュータでは、Mac の設定時や macOS Big Sur へのアップデート後に「バッテリー充電の最適化」がデフォルトで有効になります。

充電を再開する

Mac をすぐにフル充電する必要がある場合は、バッテリー状況のメニューで「今すぐフル充電」をクリックしてください。 

macOS のデスクトップで「バッテリー」メニューが開いて、「充電保留中」と「バッテリー充電の最適化」オプションが表示されているところ。

バッテリーの充電状況を確認する

「バッテリー充電の最適化」が有効になっている場合は、Mac がフル充電されるまでの時間や、充電の保留中かどうかがバッテリー状況のメニューに表示されます。ノートブックを普段ほとんど電源につないだままにしている場合は、充電が一時停止する際に「充電保留中 (バッテリーをあまり使っていません)」というメッセージが表示されることがあります。

「バッテリー充電の最適化」を一時停止する/無効にする

「バッテリー充電の最適化」を一時的に停止したり無効にしたりしたい場合は、以下の手順で行ってください。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「バッテリー」をクリックし、サイドバーで「バッテリー」を選択します。
    システム環境設定の「バッテリー」ウインドウで「バッテリー充電の最適化」が選択されているところ
  3. 「バッテリー充電の最適化」の選択を解除し、「オフにする」または「明日までオフにする」をクリックします。

関連情報

バッテリーの状態管理は、Mac ノートブックのバッテリーの寿命を延ばしてくれる、また別の機能です。Mac ノートブックのバッテリーの状態管理について詳しくは、こちらの記事 (Apple シリコン搭載モデル) または こちらの記事 (Intel プロセッサ搭載モデル) を参照してください。

公開日: